建築・都市計画のための調査・分析方法

  • 13人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 日本建築学会 
  • 井上書院 (1987年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784753017225

建築・都市計画のための調査・分析方法の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 建築・都市計画分野の研究やデザインサーベイのための手法の紹介。

    研究分野では、だいたい修士研究以上でここで紹介される統計手法などを用いるが、優秀な卒業論文で稀に見られることもある。

    特に全4種類ある、多変量解析は都市計画分野で多く用いられ、
    それぞれの研究の分析するものによって、
    その種類も分かれる。


    研究者にはぜひ。

  • 20年まえに出版された本ですが、
    調査の「ちょ」の字が網羅されている本です。
    目的別にいろいろな調査手法が紹介されています。

  • 題名にとらわれず、様々な分野に応用可能な調査・分析方法が浅く広く解説されてある。
    特に、心理学から環境へのアプローチをする場合には身につけておいた方がよい。
    しかし、入門書レベルは超えているので、事前に統計や研究方法の基礎レベルはマスターしておくべきだろう。

全3件中 1 - 3件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

建築・都市計画のための調査・分析方法の作品紹介

この本は建築・都市計画研究に携わる大学院生や学部の卒論生、あるいは実務上、研究的作業に携わる設計事務所のスタッフを念頭において編まれている。この本の特徴は、まず第1に調査方法と分析方法を概観し、整理してあることである。第2には、建築・都市計画研究の実例を挙げて、方法の適用のしかたを理解しやすくするとともに、実際的問題に即した記述をするように努めた点である。

建築・都市計画のための調査・分析方法はこんな本です

建築・都市計画のための調査・分析方法の単行本

ツイートする