『国家とはなにか』

  • 257人登録
  • 3.56評価
    • (10)
    • (20)
    • (36)
    • (2)
    • (0)
  • 23レビュー
著者 : 萱野稔人
  • 以文社 (2005年6月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784753102426

『国家とはなにか』の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ネトウヨ勉強シリーズ。宇野常寛ら「ナショナリズムの現在」(朝日新聞出版、2014)に登場されていた萱野先生のナショナリズム論。萱野先生は、リベラルがゆえにナショナリストである。社会保障は国家という枠組みが前提だからだ。なぜ市民国家でなく、国民国家が成立したのかを学びたかった。
    p26「国家だけが合法的に暴力を行使することができる…国家がその地域の中で他を圧倒しうるだけの暴力を持っている」なるほど。
    p169「近代国家による暴力の独占は、ふたつの要因によって可能となった。貨幣経済の発達と、火器の発達である」。
    p187「国家の脱人格化…国家の存在を支えるものが、人間のあいだの主従関係から、非人証的な領土へと転換される」
    p198「(国民国家に統合され平等主義が実現される中で)住民たちに、国家への暴力への実践へと身を投じるよう強要することと引きかえに、政治的なものへの平等なアクセス権を保証したのである」民主化の中で政治参加の拡大で拡大されてきた。納税額、性別などの制限が撤廃されてきた。なぜ、住民でなく国民でその制限がとられたのかは分からない。一つの回答としては、国家という統合の物語の背景になったのが、文化的・民族的・人種的な近さを持つ「国民」だったからか。社会保障の充実、つまり再分配の強化の正当化は萱野先生ともに、国民間だから許される。そして、人々が自由に移住する中で、だれに最終的に守ってもらうか、ということから国籍/国民が意識されるようになったのだろうか。

  • 国家論の本。ウェーバー、バリバール、ドゥルーズ、ベンヤミンなどを解きながら、国家にとって暴力装置の独占は不可欠であり、その国民国家としてのナショリズムもまた不可欠であるとする。主眼は、「グローバリゼーションによって国家はなくなる」「国民国家システムは消滅する」などという人々に対するアンチテーゼ。

  • 283p

  • 知的な刺激が満載!!

    最近目新しいことがなくて。という方にはもってこい。

    普段あまり考えることがない、しかし身近に存在する国家について、国家とは何かを考察する本。

    国家とは誰のためのものなのか?必読

  • 「国家とは人びとの間にうちたてられる関係性である・・」という何となくアカデミックな前提に、正面から「それだけじゃないだろ」と問う。学会の権威に自分を合わせるのではなく、自分の頭で考えるというスタイルに非常な好感を覚えた。
    どこまでも平易な説明のスタイル。愚直なまでの反復、応答、問いの再確認の連続なのに、飽きがこない文章力も見事。
    意識してアカデミックなおごりを避けているのだろう。その点も異色な学者のデビュー作。

  • 国家とは暴力にかかわる運動であるという、著者の国家論。
    暴力の組織化による国家の成立から、近年の資本主義と国家との関係まで、大変興味深く読めました。

  • 121103朝日
    国家と暴力の関係

  • 図書館の社会学の棚にあったのだが哲学書だった。しかも予想外に面白かった。
    著者はマックス・ウェーバーから出発し、国家とは暴力行使という手段によって定義される、と提示する。すなわち国家とは「暴力の組織化」である。
    このテーゼは「死刑」や「戦争」が「国家」によってはじめて可能になることを思えば、半ば賛成できるものである。
    しかしウェーバーはじめ、フーコー、ドゥルーズなどやたらに引用が多く、この引用の多さは日本人による現代思想書の悪しき特徴だ。それでも、オリジナルな思考がないわけではないので、興味深く読み通すことができた。
    「国民国家」という近代の産物と、昔の西欧に見られた王権国家との断絶はどのようにして生じたのか、とか、「富の我有化」は国家誕生に際してそれほど重要なエレメントであったろうか、とか、読んでいて疑問を持ちつつも、それだけ自分の思考が刺激を受けたとも言える。
    時間がたったらまた読み返してみたいと感じるくらい、意外に優れた本だったと思う。

  • 国家を暴力の面から構成していく書。

    思想的には著者は左派に属するのだろうが、おそらく左派言論村では扱いに困るだろうと、読んでいて苦笑した。

  • 「国家とは暴力である」
    これを命題に国家を解説する
    いままでの国家に対する考えが先入観による誤りであったと気付く
    良い一冊

全23件中 1 - 10件を表示

萱野稔人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マックス ヴェー...
ミシェル・フーコ...
有効な右矢印 無効な右矢印

『国家とはなにか』を本棚に「読みたい」で登録しているひと

『国家とはなにか』を本棚に「積読」で登録しているひと

『国家とはなにか』の作品紹介

いま、「国家とはなにか」と改めて問われても、何を問われているのか分からないほど、私たちは国家というものを身近なものと感じ切ってしまっています。本書は、この身近と思っている国家は、基本的には「暴力に関わる一つの運動態である」という、あまり身近と思いたくない概念規定から論を始めています。
近年、グローバリゼイションと同時にナショナリズムやレイシズムへの関心も高まってきて、その意味では国家にかんする議論は広く行われていますが、本書は先の基本的概念から初めて、昨今の「国民国家論」に至る、現代思想の主要なテーマ系にも十分配慮した、新鋭による書き下ろしです。

ツイートする