「こころの構造」からみた精神病理

  • 13人登録
  • 5.00評価
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 広沢正孝
  • 岩崎学術出版社 (2013年9月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784753310661

「こころの構造」からみた精神病理の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 高機能PDDと統合失調症の鑑別をめぐって精神病理学的立場からの論評である。日頃、臨床で迷うことが多い両者の鑑別について心理学的な論評であり、臨床には用いやすい。キーワードとしては、放射➕同心円状構図と格子状構図、エンバサイジングとシステマイジング、folk physicsとfolk psychologyがあげられる。

  • -

    2階書架 : WM140/HIR : 3410157779

全2件中 1 - 2件を表示

広沢正孝の作品

「こころの構造」からみた精神病理を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「こころの構造」からみた精神病理を本棚に「積読」で登録しているひと

「こころの構造」からみた精神病理の作品紹介

高機能広汎性発達障害と破瓜型統合失調症との鑑別は予想以上に困難である。成人の医療現場では、長年にわたり統合失調症の診断の元に、薬物・精神療法がなされ、本人も家族も暗黙のうちに統合失調症患者としての人生や家族生活を送ってきた高機能広汎性発達障害者に出会うこともある。本書では、近代西欧社会の文化や価値観の影響を受けた心理学・精神病理学の概念を再考し、一般者を含む人間の「こころの構造」の起源に立ち戻る視点から、高機能広汎性発達障害と統合失調症の異同や合併を、事例を基に論じる。

「こころの構造」からみた精神病理はこんな本です

ツイートする