江川太郎佐衛門の生涯―日本の国防に一生を捧げた韮山代官

  • 12人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 堀内永人
  • 栄光出版社 (2013年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (390ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784754101381

江川太郎佐衛門の生涯―日本の国防に一生を捧げた韮山代官の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 日本の国防のために尽力された生涯が詰まっていて、
    とても面白かった。
    幕末の歴史がわかっていると、より楽しめるとは思うが、
    そうでなくても、良き代官であって、日本のために
    務めることが、どのような意味を持っているのか、
    というあたりは、とても勉強になった。
    いままであまり歴史について知らなかったが、
    こういう本をもっと読んでおきたいところだ。

  • 評伝という感じだろうか。史実を紹介しつつ、場面の描写に小説的手法が混じり、解釈も入る。雑誌に連載されたものを単行本化しているので、時系列的には前後する事蹟をエピソードごとにまとめている。

全2件中 1 - 2件を表示

堀内永人の作品

江川太郎佐衛門の生涯―日本の国防に一生を捧げた韮山代官を本棚に登録しているひと

江川太郎佐衛門の生涯―日本の国防に一生を捧げた韮山代官を本棚に「読みたい」で登録しているひと

江川太郎佐衛門の生涯―日本の国防に一生を捧げた韮山代官を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

江川太郎佐衛門の生涯―日本の国防に一生を捧げた韮山代官を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

江川太郎佐衛門の生涯―日本の国防に一生を捧げた韮山代官の作品紹介

先見の偉業と世界遺産への道。開国を迫る黒船ペリーの来航に、怯える日本人を守るため台場を築き、軍備の近代化を推進し、韮山反射炉を建設した江川太郎左衛門。多くの仕事を手掛け、最も忙しい代官として幕府を支えた男の一生。

ツイートする