GDBデバッギング入門

  • 50人登録
  • 3.33評価
    • (2)
    • (0)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : Richard M. Stallman  Roland H. Pesch  コスモプラネット 
  • アスキー (1999年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756130167

GDBデバッギング入門の感想・レビュー・書評

  • コマンドを知るために購入。スクリプトを使ったデバッグの説明が参考になった。

  • 同僚に教えてもらいながら、この本を見ながら、Remote Debugをしようとしました。
    GDBのコンパイル、リモート環境の設定などはなんとかできました。

    デバッガの動作の不具合の原因のデバッグ方法がよくわかっていません。
    デバッガのデバッグをどうやってやるかです。

    英語の原文はWEBに搭載されています。
    本書は、英語がわからないときに調べるのにもちょうどよいです。

  • どうもオライリーとは相性がわるく、この本もなんとなく読みづらく感じた。が、リファレンスとしても役に立つので、GDBユーザにはあると便利かも。

  • むずかしかったです。
    gdbのマニュアルがあんまりなかったのでいい取っ掛かりでした。
    ただし応用的なことをするまでgdbを使い込まなかったので、
    私にはもったいなかったような気がします。

全4件中 1 - 4件を表示

GDBデバッギング入門を本棚に登録しているひと

GDBデバッギング入門を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

GDBデバッギング入門の作品紹介

GDBをはじめとするデバッガは、他のプログラムの実行中に「その中」で何が起こっているのか、もっと端的にいえばそのプログラムがクラッシュしたときに何が起こったのかを明らかにするために使用するツールである。

ツイートする