我が妻との闘争―パソコンをめぐる夫婦のドタバタ日記

  • 41人登録
  • 3.90評価
    • (5)
    • (8)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 呉エイジ
  • アスキー (2002年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756141880

我が妻との闘争―パソコンをめぐる夫婦のドタバタ日記の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • マック命で無駄金ばかり使う亭主と、鬼嫁とのバトルを描いた壮絶な作品。ウエブサイトに全文出ているのでそっちを読んでもおすすめです。爆笑間違いなし!娯楽性が高くて星4つ。

  • パソコンをめぐり奥様から
    辛辣なる迫害を受けているようです。

    痴話喧嘩の数々が赤裸々につづられてます。

    欲しがりません勝つまでは。
    同情しますよ。
    笑えます。

  • 2003年11月21日読了

  • 世代的・趣味もにている。
    男の生きがいは、女性にはわからないだろう。
    夫婦のやり取りがとてもおもしろい。 <a href="http://ukwave.livedoor.biz/"Target="_blank">MYブログへ</a>

  • これを読むと,あなたの奥さんが天使に見えること間違いなし!

  • いや〜。面白すぎる^^
    退屈な日常を送ってる人、疲れてる人、面白い本をお探しの人に超オススメの娯楽(?)本です。
    他人の不幸は蜜の味って言葉があるけれど、この本の内容って
    まさに、そういうのかもしれない。不謹慎な表現だと思うけどね。
    このお話しと初めて出会ったのは、去年の今頃かな。
    ネットサーフィンをしていて、たまたま出会った「Kure’s HomePage」ってサイトの中のコンテンツの1つとして掲載してあった。
    奥さんとの日常の葛藤を日記なのかエッセイなのかわからないけど描かれていて、これが凄く面白い。
    Macにはまった旦那サン(呉さん)と、その夫に怒りを感じて鬼ヨメと化してる奥さんとの日常のやりとりの描写が、もう凄くて。
    月の小遣いがタバコ代込みで2万円の中、なんとかパソコン関係の品物を奥さんに土下座までして買って貰えるように頼み込む呉サンの姿は、最初は同情の目で見ていたものの、読んでいるうちに、段々と奥さんの方にも同情の念が生まれて来たりして・・・・
    多分、女性なら読んでいるうちに奥さんに同情するようになるでしょうし、男性なら、呉サンに同情し、中には自分の姿と重ね合わせて涙する人もいる事でしょう(笑)
    HPで連載していたものが、雑誌「マックピープル」の編集者の目に止まって、毎月雑誌にも連載されるようになり、今回はその35話分と、発売記念特別
    書き下ろし2話分を掲載。

  • ご自身が運営する超人気サイトに掲載されているコンテンツをまとめた本。マックピープル誌で好評連載中。道を間違えたのではないかと思えるほど、軽い文章を書くのが巧みな方。面白いです。笑いが止まりませんが…なんだろう、涙も止まりません。

  • Macピープルと言うマッキントッシュ雑誌に掲載されてる連載物です。一冊にまとまると面白さ倍増。奥様とのやり取りが絶品です。本当にこの本の存在が奥様にばれてないのでしょうか?同情しつつも笑っちゃう本です。

全8件中 1 - 8件を表示

呉エイジの作品

我が妻との闘争―パソコンをめぐる夫婦のドタバタ日記を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

我が妻との闘争―パソコンをめぐる夫婦のドタバタ日記を本棚に「積読」で登録しているひと

我が妻との闘争―パソコンをめぐる夫婦のドタバタ日記はこんな本です

ツイートする