やっぱり楽しいオーディオ生活 (アスキー新書)

  • 52人登録
  • 2.95評価
    • (0)
    • (2)
    • (15)
    • (3)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 麻倉怜士
  • アスキー (2007年5月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756149237

やっぱり楽しいオーディオ生活 (アスキー新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • オーディオにこだわる人は環境作りに何百万円も出したりするんだろうね! http://t.co/t5OhAmO

  • [ 内容 ]
    “いい音”で聴けば、音楽をさらに感動的に楽しむことができる。
    しかしオーディオを買ったまま使っているだけでは、決してCDに込められた本当の音楽を聴くことはできない。
    デジタル時代のオーディオ使いこなし術を徹底紹介。
    あなたのお気に入りのCDを、さらに“いい音”で聴くためのノウハウが満載。

    [ 目次 ]
    オーディオをもう一度趣味として取り戻すために
    いい音で聴けば、音楽はより感動できる
    ふたたびオーディオに浸りたい
    CDにもう一度聴き惚れる
    さあコンポを新調しよう
    コンポを120%使いこなす
    もっといい音を聴きたくなったら
    おじさんのためのiPod入門
    パソコンでもいい音を聴こう
    マルチチャンネル再生に挑戦
    高音質ホームシアターにようこそ

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 電気屋さんのオーディオコーナーにある「麻倉先生のオーディオコーナー」の麻倉さんが書いた本。ちょっと機械音痴の私には難しい感じだったけれど購入の際には参考にしたい

  • オーディオに再入門しようとしている人にとって、わかりやすくその方法を説明している本だと思います。同じ著者がソフトバンク新書から出している「オーディオの作法」より、こちらの方がとっつきやすいです。

  • 再度オーディオに凝ってみようと思い起こさせる本。基本中の基本が網羅されているが、単なるステレオに限らず、5.1チャンネルオーディオやiPodを高音質で楽しむ方法も指南していて、気軽に実行できる工夫が紹介されているところは良い。たとえば、買ってきたばかりのCDを水洗いすることなど。
    恥ずかしながら、この本を読んで初めてオーバーサンプリングの高音質の原理が理解できた。
    オーディオを高音質で聞く工夫。
    1)CDを水で洗う。2)CDのトレイを一度開閉してから聞く(CDの温度変化を平均化する)。3)電源の極性をあわせ、きれいな電源を使用する。4)振動を防ぐ(CDプレイヤーの下に吸音材となるタオルを置いても良い)。5)付属のケーブルは使わない。6)接点を磨く。6)スピーカー・ユニットのねじを締め付ける。7)エージング。8)ヒートアップ。9)自然に響く部屋作り(片付けすぎない)。

全7件中 1 - 7件を表示

麻倉怜士の作品

やっぱり楽しいオーディオ生活 (アスキー新書)を本棚に登録しているひと

やっぱり楽しいオーディオ生活 (アスキー新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

やっぱり楽しいオーディオ生活 (アスキー新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

やっぱり楽しいオーディオ生活 (アスキー新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

やっぱり楽しいオーディオ生活 (アスキー新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

やっぱり楽しいオーディオ生活 (アスキー新書)はこんな本です

ツイートする