日本人の良識 (アスキー新書 57)

  • 27人登録
  • 3.44評価
    • (0)
    • (4)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : ひろさちや
  • アスキー (2008年3月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756151360

日本人の良識 (アスキー新書 57)の感想・レビュー・書評

  • 読みやすかった。競争しすぎの日本社会は地獄、というフレーズは納得できた。

  • [ 内容 ]
    いま、われわれ日本人に必要なのは、常識ではなく良識だ。
    すべてのはじまりは1960年‐‐食品偽装問題、官僚の汚職、政治家の失言……こんな日本に誰がした!?
    狂った現代日本にモノ申す。
    国家論にして人生論、そして人間論を説いた、今日の日本人必読の書。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 日本の凋落さを仏教思想の観点から述べている。
    1960年代の安保闘争以降、競争時代・拝金主義となり、善悪を分別する良識を失い、悪いことを右倣え右と平然とやってしまう人が多くなった。


    「貧しくなれ、それこそ幸せを掴み取ることが出来る」
    理解は出来るが、う~んと考えてしまう言葉でした。

全3件中 1 - 3件を表示

日本人の良識 (アスキー新書 57)はこんな本です

ツイートする