フランスの配色

  • 280人登録
  • 4.12評価
    • (19)
    • (23)
    • (8)
    • (1)
    • (1)
  • 14レビュー
著者 : 城一夫
  • パイインターナショナル (2011年4月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756240804

フランスの配色の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • すごくお気に入りの一冊です。フランスの映画や、町の雰囲気が好きなので迷わず読みました。写真いっぱいで見やすいので何回も見ています。ほんと、写真が綺麗です。マリーローランサンの絵や、ジョルジュ・バルビエのイラスト、レイモン・サヴィニャックのポスター、アンリ・マティスの絵など、フランスのアートがたくさんでてきます。配色の説明が半分を占めてますが、読んでいると、すごくセンスが良くなったような気がしました!
    作品作りにも、良い参考になりました。

  • フランスで愛された色合わせが分かる本。フランスの絵画はアンニュイなだけではなくちゃんと法則みたいなものがあって成り立っているのだと絵画鑑賞の際の手引きにもなります。表紙多色刷りの本を作るときのお手本として最適だな!とウキウキしました。本書で紹介されていたマリー・ローランサンの独特にスモーキーな色彩のファンになりました。ロートレックの錆びた赤も素敵。シェルブールの雨傘のドヌーヴの青いワンピース可愛い!とか掲載されている写真も目に楽しいです。色のビジュアルブックです。

  • 服の組合わせを選ぶときこの本はとても役立つ。

  • 【配置場所】特集コーナー【請求記号】757.3/J
    【資料ID】91110926

  • フランス現地で収集した街角や建物、およびフランスにまつわる芸術家たちの作品から抽出した配色を色、時代、テーマによって排列。随所にシュブルールの配色理論からの引用が配されており、その理論のフランス芸術への影響の大きさを窺わせる。

  • 色の組み合わせ見てるだけで幸せになる。

  • 割と意識していなかったところが明確になりました。時系列などでまとめて変遷が追えたりなど、とても楽しい一作でした。もちろん参考書。。。

  • ステキ!

  • 絵画などの事例を交えつつ、フランスの配色をテーマごとに解説してあります。
    改めて分析されなければ見落としていた事もたくさんあり、とても参考になりました。
    イメージソースとして、眺めているだけでも楽しいです。
    巻末にフランスの伝統色の色見本、巻頭には簡単な用語の解説もあるので初心者にもやさしいのではないでしょうか。

  • 何冊か配色の本を持ってるけど、これはいい!
    私の好みの配色ばかりで見ていてもうっとり、
    実際にも参考にして使えそう。

    おふらんすはやっぱ違うぜ。

    ちょっとお高くて一瞬たじろいだけど、仕方ないですね

全14件中 1 - 10件を表示

城一夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
オノ・ナツメ
佐野 敬彦
久住 昌之
マージェリィ・W...
有効な右矢印 無効な右矢印

フランスの配色を本棚に「読みたい」で登録しているひと

フランスの配色を本棚に「積読」で登録しているひと

フランスの配色の作品紹介

アントワネット、ジャン・コクトーから「星の王子さま」まで、美の国フランスで愛された究極の色合わせ311例。

ツイートする