フィンランドのマリメッコ手帖

  • 181人登録
  • 3.93評価
    • (14)
    • (15)
    • (13)
    • (2)
    • (0)
  • 11レビュー
  • パイインターナショナル (2012年1月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756241788

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
湊 かなえ
菊池 亜希子
菊池 亜希子
有川 浩
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

フィンランドのマリメッコ手帖の感想・レビュー・書評

  • マリメッコの歴史。
    伝説のデザイナーから現在活躍中のデザイナー、アーカイヴィスト、アート・ディレクターなど、マリメッコになくてはならない人たちのインタビューと工場潜入、マリメッコの社員食堂まで!とマリメッコファンにはたまらない1冊。
    社員を大事にしているマリメッコの社風は、そこで働く人たちの表情を見れば一目瞭然。
    押しなべて生き生きとしているし、自分を肯定している表情をしている。
    本当にうらやましい限り。

    それにしても、子どもが着てるカラフルなマリメッコは、本当にかわいらしいなぁ。

  • アルミ・ラティアやマイヤ・イソラだけでなく
    マリメッコには、スターが沢山いるんですね
    デザイナーだけでなく
    アート・ディレクターやアーカイヴィストも

    工場のなどの現場の紹介もあっていい内容でした

  • どの年代も素敵なテキスタイルだけど、特に50年代、60年代が好き。デザイナーマイヤが旅先から娘に宛てたはがきがとてもいい。

  • マリメッコがますます好きになりました★

  • 写真とか図柄で、かわいいねー的な本かなと思っていたけど、読みものとしても楽しめました。マリメッコ誕生とその創世期を支えたデザイナー、いまのマリメッコとデザイナー。それぞれの「顔」とデザインが結びついて見えるのは、なんだか新鮮で、これまで好きだったファブリックの柄がさらに好きになった気がする。
    いつか絶対、フィンランドのショップを訪れてみたい。

  • 他にもmarimekko本って出てましたけど、見た感じこれがお手軽な割に一番よさそう!

  • フィンランドに旅行してから1年が立った。フィンランドで買ったムーミンのトレイやキシリトールの歯磨き粉は今も使うたびにあの最高の旅を思い出す。
    オーロラやムーミンのほかに忘れられないのが、シンプルで華のあるデザインのテキスタイルで有名なマリメッコである。マリメッコの店舗も何軒か行ったし、少し買い物もした。
    懐かしく恋しく思うと同時に、どんなデザイナーが作ったのか、どんな思いが込められたのか知りたくなった。
    本著では、そんな私が知りたかったことがすべて書いてあり、さらにたくさんの写真が載っている。ルーツを知ると、マリメッコのパターンがもっと好きになる。
    日本にもマリメッコの店舗があるし、輸入品が雑貨店に置いてあることもあり、フィンランドには無縁でもマリメッコファンは多くいるのではないかと思う。そんなマリメッコファンや気になったおしゃれさんにおすすめの一冊である。

全11件中 1 - 11件を表示

フィンランドのマリメッコ手帖を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

フィンランドのマリメッコ手帖を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする