武井武雄のこけし

  • 36人登録
  • 4.40評価
    • (3)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 協力:イルフ童画館 
  • パイインターナショナル (2012年2月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756242006

武井武雄のこけしの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 童画作家の武井武雄、こけしにも造詣が深く、作家ごとに描き分けた版画の数々。こけしファンは必見。

    私はそんなに好きではないのだけれど…

  • 幼い頃、毎月愉しみにしていたキンダーブック。幼い私でも、武井武雄さんの「絵」は本当に夢のあるおしゃれな雰囲気で他の絵とまったく違う輝きがあった。
    しかし私は挿絵でしか武井武雄を知らなかった。こんなにも「こけし」をテーマに煌くような仕事をなしていたなんて。
    友の会の会員さんも武井によって選ばれ、尊重された同士である。支える人の思いもこの中にはある。じっくりと愛でることの豊かさ、ありがたさ、美しさ・・。宝石のような作品集。

全2件中 1 - 2件を表示

武井武雄のこけしを本棚に「積読」で登録しているひと

武井武雄のこけしの作品紹介

幻の木版画『愛蔵こけし図譜』全60枚を、美しい色彩で完全収載。蔵書票・刊本作品・ミニアチュール…「こけし熱狂時代」と自ら名付けたほど愛した、こけしにまつわるさまざまな作品から、武井武雄の仕事と思想が浮かび上がる。

武井武雄のこけしはこんな本です

ツイートする