色で読み解く 名画の歴史

  • 86人登録
  • 3.20評価
    • (1)
    • (2)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
  • 7レビュー
  • パイインターナショナル (2013年1月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756243140

色で読み解く 名画の歴史の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ピカソブルー、ゴヤレッド、レンブラント、フェルメールブルーなど、画家の名を冠した色名。古今東西の画家が用いた色をCMYK、RGB、マンセル値で表記。色の表現にこだわる創作者なら見て損の無い一冊。

  • 色と言う観点から、画家や絵、時代を見ていく。面白い。
    2015/4/28

  • とてもお気に入りの一冊。ジョットディボンドーネやフラアンジェリコなどなど、印象派以外の絵画を好きになるきっかけになった。それぞれの絵画のそれぞれの色彩美に惚れ惚れする。

  • 絵を描く時に参考になる本です。

  • ぱらぱらっと読んだ。
    色彩の構成という観点から絵画を観たことがあまりないので、これからは色にも注目して観てみる。

    2014.02

  • 絵の鑑賞と色を知るには良いが一つ一つの絵の解説がイマイチ理解できなかったので再読したいと存じます。

全7件中 1 - 7件を表示

城一夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
エルンスト・H....
デール カーネギ...
米澤 穂信
ジャレド・ダイア...
谷崎 潤一郎
三浦 しをん
三浦 しをん
田中正人
有効な右矢印 無効な右矢印

色で読み解く 名画の歴史を本棚に「積読」で登録しているひと

色で読み解く 名画の歴史の作品紹介

フェルメール・ブルー、ゴヤ・レッド、ピカソ・ピンク、琳派の金と銀…名画と色彩のドラマティックな関係とは。

色で読み解く 名画の歴史はこんな本です

ツイートする