フランスの装飾と文様

  • 60人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 城一夫
  • パイインターナショナル (2015年8月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756245472

フランスの装飾と文様の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • たまたま近くの美術館で「ミュシャ展」が開催されており、それに伴ってフランス文化を紹介する書籍が揃えられていた。
    残念ながらミュシャ展は見れなかったが、すてきな書籍を購入できてとても満足している。

    ベルばらの世界だ。
    美しい表紙。そして丁寧な解説と、ページの長辺の端にはモダンな柄がリボンのように印刷されている。
    目に美しく、内容も楽しい。
    フランスの良く分からない流行も面白く、レースに財産を投じる貴族の悲哀も興味深い。
    フランスの文化は、その時代時代の流行を地層のように積み重ねて現代につながって行くのだなあ。
    この賑々しいフランスの文化で、日本風「ジャポニズム」が流行したというのも面白いですね!日本の浮世絵などは決してキラキラしたものではないのに。日本の道具や小物などを生活に取り入れるタイプのジャポニズムと、芸術の精神的な部分での影響を受けたジャポニズムがあるそうです。例えば牡丹や菊、もののあわれを表現したとか。なるほど。

    生活の役に立つわけではないけど、なんだか心が豊かになる読書です。
    というかそういう読書が好きです。
    見ても読んでも楽しい。
    装丁が凝っているのでお値段は相応にありますが、まったく惜しくない。
    部屋に置いているだけで華やかな気持ちになれてうれしい本でした。

全1件中 1 - 1件を表示

城一夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ベン・ホロウィッ...
宮下 奈都
米澤 穂信
エラ・フランシス...
アレックス・ジョ...
アンジェラ・アッ...
有効な右矢印 無効な右矢印

フランスの装飾と文様を本棚に「読みたい」で登録しているひと

フランスの装飾と文様の作品紹介

中世の縞や紋章、アントワネットに愛されたロココの花模様、アール・デコのモダンなモードデサインから民芸の世界まで、華麗なフランス装飾史を詳しく解説。

フランスの装飾と文様はこんな本です

ツイートする