そうなのか! ランチェスター戦略がマンガで3時間でマスターできる本 (アスカビジネス)

  • 154人登録
  • 3.11評価
    • (3)
    • (7)
    • (30)
    • (6)
    • (1)
  • 20レビュー
著者 : 田岡佳子
  • 明日香出版社 (2001年5月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756904263

そうなのか! ランチェスター戦略がマンガで3時間でマスターできる本 (アスカビジネス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 田岡信夫さんの奥さんが書いた本。
    ランチェスター戦略について基本的なことがわかりやすい。地域戦略なども日本の各地方毎に記載してあったが、関東地方が無かった。

  • 分かりやすいのだけれど、残念ながら、理由がわからない。結果だけ使えればいいや、っていうある意味実践派向けのスピードラーニングには◎。

  • 漫画形式でランチェスターを学べる。ランチェスターという単語はよくみかけたので知っていたが、そもそも何?というのを知らなかったので、これで概要を理解できたので良かった。後半はランチェスターから少し離れて、実際に適応したらどうなるか、営業戦略視点の内容となっている。

  • ランチェスター戦略を、理論から実践の営業まで解説された良書。日本の商圏の大体の特徴やジンクスなどが記載されているのもまたいい。図解によりわかりやすく仕上がっている。

  • 【資料ID】78014
    【分類】675/Ta89

  • ・戦略とは、中核に位置する思想、実際に機能させる組織、組織を動かすためのパターン化された行動で成り立つ
    ・企業間における競争や販売は、占拠率シェアが問題になってくる
    ・弱者は不特定多数を相手にすべきではない。1点集中し、ナンバーワンを目指すこと

  • 局地戦
    成長曲線
    科学的管理

  • ランチェスター戦略がわかりやすく解説されている一冊。
    中長期戦略合宿に向けて読む。
    製品、地域、流通チャネルなど、いかに先発と『差別化』するかがポイントとなる。
    また、弱者として一点集中など『差別化』を行う上での戦略が書かれている。

  • 201109/
    三点攻略法:目標値A地点を攻略する前に、周辺地域で戦いやすい地域Bにまず集中攻撃をかけ、そこが40%占拠できたら次の候補地域Cを攻撃、ここも40%占拠したら、Aを取り囲む形で第三の点Dを打つ。Aを囲んだBCDの三角形全体が40%の占拠率になるまで攻撃を続ける/
    線の形成で戦略上大切なポイントは、入口と出口、上りと下り、後発の差別化/
    訪問の種類:ニューコール(飛び込み訪問)、リピートコール(見込み客訪問)、サービスコール(サービスのための訪問)、コレクトコール(集金訪問)、ハッピーコール(あいさつ訪問)/

  • 戦略、戦術という概念は頭に中にあったが戦略ばかりに囚われすぎて戦術という要素も重要であると感じさせてくれる本書である。また、マーケティングやセールスといった領域で使われる概念が非常にわかる本書であり、気づきを与えてくれる。

全20件中 1 - 10件を表示

田岡佳子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームズ アレ...
有効な右矢印 無効な右矢印

そうなのか! ランチェスター戦略がマンガで3時間でマスターできる本 (アスカビジネス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

そうなのか! ランチェスター戦略がマンガで3時間でマスターできる本 (アスカビジネス)はこんな本です

ツイートする