自分をわかってあげる自己愛心理学 (アスカビジネス)

  • 59人登録
  • 3.42評価
    • (5)
    • (6)
    • (17)
    • (3)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 高橋美保
  • アスカエフプロダクツ (2007年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756909763

自分をわかってあげる自己愛心理学 (アスカビジネス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 表紙の絵が怖い(著者は意志の強い女の子というイメージだそう)が、本の内容はいいことをかいていると思う。甘えるとしても大人としての甘え方があって、自分ひとりでも大丈夫だけど、あなたがいるともっと大丈夫という態度でつきあうとか、自分にとってはとても参考になることが多かった。繰り返して読みたい本。

  • まわりから愛され、自分らしく生きていくために必要なこと―
    それは「自分を大事にすること」。

    全部で9章で構成された内容。

    心理学を専攻していましたが、読みやすいので、心理学を知らない人でもサクッと読めます。
    makoは自己心理学を確認するために読んでみましたが、自分でも見過ごしていた内容もあったので、勉強になりました。

  • 腹の内がわからない相手は不安にさせる、だからちょっとわがままに振舞う→アサーション。

    自分の身に置き換えると当たり前なはずなのに、目から鱗でした。何でも好きだよー、て丸投げは、信頼ではあるけど真摯ではないよなぁ確かに。

    知っているけどできてなかったこと、の宝庫だと思います、この本。

  • フロイトの自我心理学ではなくコフートの自己心理学について書かれた本です。とは言っても難しい所はなく、日常の平易な振る舞いについて書かれています。
    本書ではリビドーと自我だのと言った精神力動の居場所はなく、その場、その場の役割をこなす事が推奨されています。
    深い、これが真実ですわ。

  • アメーバブログに書評を書いています
    http://ameblo.jp/happysmile2you/entry-10442385682.html

  • 自立する心
    優しい人間になる

    心理学というより自分探ししてる人には良い本かもしれない

  • 「ちょっとだけわがまま」を勧めるところから始まって、
    つい無理をしがちな「私」の存在を認識させてくれます。

    正義・道徳・協調を重んじる人こそこういう考え方が必要なのかも。
    罪悪感や責任感を和らげることは、自己愛のためには必要です。
    人付き合いの多い人ほど知らずのうちにストレスを抱えているかも?
    NOと言えない人や優柔不断な人にはおすすめの本です。

  • この本は心理学とか堅苦しいものではなくてわかりやすく、ごく当たり前のことをやさしく説いてくれてます。女性向きらしいですが、男性にも是非お奨めの本です。

  • 自分らしく生きる為に、「自分を大事にすること(=自分の気持ちを自己主張することによって、自分にも他人にも心地よい人間関係を保つなど)」をテーマにして書かれた本。(2007.2.15)

  • ネガティブ対策に購入、そっこーで読み終わり、すんごい心の中を見透かされた感じだった。
    何が原因だかわからなかった、目に見えない疲れというものは、最近溜まってきたものではなく、自分の性格というものが原因だったみたい。自分を見つめなおすことが凄くできた。この本を読んで、すぐに何らかの効果が出るわけではないけれども、行き詰ったときに目を通すだけで、少し自分のことをいたわって上げられると思う。自己啓発本を舐めてはいけない。

全12件中 1 - 10件を表示

高橋美保の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
デール カーネギ...
ロンダ・バーン
柴田 トヨ
米澤 穂信
アレックス・ロビ...
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

自分をわかってあげる自己愛心理学 (アスカビジネス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

自分をわかってあげる自己愛心理学 (アスカビジネス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

自分をわかってあげる自己愛心理学 (アスカビジネス)を本棚に「積読」で登録しているひと

自分をわかってあげる自己愛心理学 (アスカビジネス)はこんな本です

ツイートする