あたりまえだけどなかなかできない プレゼンのルール (アスカビジネス)

  • 128人登録
  • 3.03評価
    • (3)
    • (8)
    • (11)
    • (7)
    • (3)
  • 14レビュー
著者 : 箱田忠昭
  • 明日香出版社 (2008年9月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756912244

あたりまえだけどなかなかできない プレゼンのルール (アスカビジネス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • つまらん。この人の講演は面白いが。

  • プレゼンテーションに必須の3Pとは
    ①Personality:人柄
    ②Program:内容
    ③Platform Skills:伝達技術(演壇技術)
    である。
    人柄については、外見として、常に自分よりワンランク上の服装にする。内面的にも、誠実さ、正直さ、自信、人間的暖かさ、聡明さ、を伝えるようにする。
    内容については、プレゼン企画時に5W1Hで情報を獲得し、内容を検討する必要があり、メインテーマを絞っていく。
    伝達技術については、内容を、結論+詳細+結論(SDS)に構成し、具体例や自己体験を入れる。また、大勢の前でも1対1で話すような工夫をし、身振り、手振り、表情を活用。視覚に訴えるようにする。

  • 社会人になると、プレゼンが上手い下手は結構重要なスキルだが実はちょっとしたコツさえ覚えれば誰でも一定のスキルには到達する。はいこんなアンチョコをさらっと読んで鍛えましょう。星2つ。

  • <閲覧スタッフより>
    うまいプレゼンをするために、身に付けておくべき技術がたくさん詰まった本です。あがらずに話す方法や質疑応答のこなし方など、特に知りたい情報が満載です!
    ------------------------------------------
    所在記号:336.49||ハコ
    資料番号:20099035
    ------------------------------------------

  • <閲覧スタッフより>
    プレゼン、交渉、セールスなどコミュニケーション・スキルの専門家である著者が提案する101のルール。話し方、心得、手順や質疑へのテクニックまで微に入り細に入りアドバイスしています。出来そうなことから参考にトライしよう!
    -------------------------------------
    所在番号:336.49||ハコ
    資料番号:10207705
    -------------------------------------

  • 今後、もしもプレゼンをする機会があったら、必ず読み返したい。なるほど…と思えるポイントがたくさん書かれている。

  • 軽い気持ちで読んでみたら思いのほか良かったという印象。
    この手の本は山のようにあり、ハズレも多いが、本書は具体的・実践的でよかった。
    特に、プレゼンテーション中の「アイコンタクト」についてはなるほどと思わせられた。
    日本人はついつい凝視するのは失礼と考えがちであるが、アイコンタクトで一人一人に意志を飛ばすというのが新鮮だった。

  • 社会の中である程度の立場についているのに、プレゼン
    能力が低い人が多いのには普通にビックリしている。
    恐らくそれは、プレゼン能力の重要性について、十分理解して
    いないからなんだろうと思う。
    経営者の大半の方が「一番役に立った能力はプレゼンテーション
    能力」と語られているにも関わらず。
    この本はプレゼンの基本を押さえるのに最適だと思う。
    繰り返しだけど、まずはプレゼンの重要性について、再認識しないと。
    どんだけ優秀でも、喋りがあまりに下手だと、そりゃ聞き手は
    魅力を感じませんよ。当たり前です。

  • プレゼン講習などで指摘する以上のヒントやテクをふんだんに紹介している。

  • んー、やっぱなんか当たり前だった気がする。

全14件中 1 - 10件を表示

箱田忠昭の作品

あたりまえだけどなかなかできない プレゼンのルール (アスカビジネス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

あたりまえだけどなかなかできない プレゼンのルール (アスカビジネス)の作品紹介

アメリカの大企業の社長の72%が成功した理由を聴かれて答えた回答は"コミュニケーションを能力を身につけたから"。日本一のプレゼンターが教える人前でアガラずに話し、相手を説得する101のルール。

あたりまえだけどなかなかできない プレゼンのルール (アスカビジネス)はこんな本です

あたりまえだけどなかなかできない プレゼンのルール (アスカビジネス)のKindle版

ツイートする