こっそり3倍差がつく 書き込み仕事術 (アスカビジネス)

  • 116人登録
  • 2.69評価
    • (0)
    • (6)
    • (16)
    • (9)
    • (4)
  • 13レビュー
著者 : 杉山正裕
  • 明日香出版社 (2010年3月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756913715

こっそり3倍差がつく 書き込み仕事術 (アスカビジネス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人生において前に進むために、書き込むことでさまざまなことが解決できると教えてくれる書籍。
    メモ術やノート術のさまざまな本を読んできたので、書かれていることは大体似通った内容だと思っていたが、ひとつだけ自分には収穫があった。
    A4のルーズリーフにさまざまな情報をためていく、ということ。
    時系列部分、テーマ別部分、TODOリスト部分、日記部分と4つに分けていろいろ書いていく。
    これはやってみる価値があるかと思った。
    本への書き込みについて書いてあったのだが、自分としては本に書き込むのがどうしても抵抗があり、やりたくないが、部分的にコピーしてノートに貼り付けてなんていうのも載っていたので、A4のルーズリーフに貼っていくという方法もあり、A4ルーズリーフノートはますます手に入れたくなった。

  • 人はわすれる、人はいいかげん。忘れないように書くこと。
    できるだけ具体的に書く。

  • 人は忘れる生き物。
    全てはイメージ。段取りもスクリーンのようにイメージする。
    目標=なぜ×3,どうする×3で考える。

  • 目新しいのは3×3だけ。ただ、このまま使うならロジカルツリーとかの方が良さそうかなと言った印象。

  • 紙で書いてevernoteでとったらどうだろう

  • 特に目新しい内容もない本。意識高い人ならこの程度は普通にやってます。ていうか、意識がそれほど高くない私でもやってました。もう1歩進んだ内容が欲しかったです(´;ω;`)

  • 具体的に書くということ、
    なぜ、どうする3×3
    などが参考になった…くらいか。

  • ・書く事は考える事。書けるという事は考えられる事。メモから始めようと思った。
    ・「なぜ3×3シート」と「どうする3×3シート」はエクセルで作ってみた。仕事で、プライベートで使う予定。

  • ・ビジネス書等まず目次をみて気になるところにマーキング 全体像を掴む
    ・本文を読みながらとにかく「なるほどその通り」というところに線を引く
    ・本に書いてある全体像を図解
    ・一番印象に残ったことはら順番にいくつか書き出す
    ・明日からの自分の実際の仕事で実践することを決め書き出す
    ・疑問やさらに調べたいことを書き出す
    ・人に話すときのネタになるポイントを書き出す
    ・具体的に
    ・イメージトレーニング
    ・本に線を引く(3色ボールペンみたいだ)

  • ASSE会員、関係企業が出版された書籍・出版物をご紹介します。

全13件中 1 - 10件を表示

杉山正裕の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小山 龍介
小山 龍介
有効な右矢印 無効な右矢印

こっそり3倍差がつく 書き込み仕事術 (アスカビジネス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

こっそり3倍差がつく 書き込み仕事術 (アスカビジネス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

こっそり3倍差がつく 書き込み仕事術 (アスカビジネス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

こっそり3倍差がつく 書き込み仕事術 (アスカビジネス)はこんな本です

こっそり3倍差がつく 書き込み仕事術 (アスカビジネス)のオンデマンド (ペーパーバック)

ツイートする