あたりまえだけどなかなかできない 雑談のルール (アスカビジネス)

  • 347人登録
  • 3.40評価
    • (9)
    • (24)
    • (36)
    • (7)
    • (2)
  • 30レビュー
著者 : 松橋良紀
  • 明日香出版社 (2010年4月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756913760

あたりまえだけどなかなかできない 雑談のルール (アスカビジネス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 雑談とは、場を作るための準備運動みたいなもの。でもにわか仕込みの薄っぺらい話や、何を言いたいのか分からないダラダラした話では逆効果。しょーもない話でも気持ちが伝わる内容でなければならない。そのためには、相手に興味を持つことと、起承転結の「転」から始めること。この2つを覚えるだけで、明日から即実践できる。

  • 雑談。話すのが不得意なら質問をして話してもらう。
    質問ばかり続けるわけにはいきませんが、話を聴いているうちに話せるネタが出てくる可能性がありますよね♪
    気負わず慣れる事です。

  • ・雑談で組織を変えるムーブメントは起こせる
    ・雑談ができないと人間関係を築くことはできない
    ・相手が話している首の振り方をさっそくやってみる

    雑談は深いなぁと思ったが、コミュニケーション技術のノウハウを学びたいのなら、前著の「聞き方のルール」のほうが役立つと思った。

  • タイトル見て、雑談なんだからルールなんてつけるな!っと思ったけど、なかなかためになる内容だった。心理学を交えてるだけに説得力あるなぁ。

  • ペーシング うなづく速さと深さを合わせてみよう

    雑談はいい加減でよい

    話にはメリハリが必要

    売れる人と売れない人の差は声、リズムなどノンバーバルな部分

    音痴な俺はどうしたらいいのか?ww

  • 雑談に苦手意識がある人は多いんだな…

  • チェック項目16箇所。雑談は、人間関係の豊かさをつくります、人間関係の豊かさが、人生の豊かさです、雑談が今よりうまくなることは、人生を今以上に豊かにできるということです。雑談は、情報を伝達する雑談と、自分の感情を伝達する雑談の2種類に分けられます、情報伝達だけでなく、自分の感情や体験が表れている雑談をするのがいいのです、感情を伝える雑談が、相手との関係を深めていくのです。気軽に雑談したいのに、肩の力が入りすぎる、何を言いたいのか自分でもわからなくなる、支離滅裂になる、それは沈黙に対する恐怖からかもしれません、「自分はどう見られているだろう? 感じがいい人だと思われているだろうか?」このように、話の内容よりも意識が自分に向いてしまうことが原因です。起承転結型の話だと、インパクトに欠けます、結論が最後の最後までわからないと、話力が相当ある方でないと、最後までひきつけるのは難しいのです、そこで、インパクトを与える「転」から始めましょう。会話の最初から深い自己開示をする人は敬遠されます、いきなり思い悩みを語り始めると、精神的に安定していないことを伝えてしまうようなものです。初対面では、生れや住まいなどは話題にしやすい話です、インターネットなどで、しっかり調べてみましょう、出身地や、住まいのネタを用意しておくと、一生役立ちます。テレビで活躍している芸人たちも、ささいなことを大きな話にして笑いを取るのが上手です、想像力をふくらませて、小さな話を大きい話にする、雑談の楽しさは、こういたところにもありますね。相手が楽しかった体験を話すことで、「あなたといることが楽しい」というイメージが潜在意識に刻まれます。キドニタチカケシ(気候、道楽、ニュース、旅、知人、家族、健康、仕事)衣食住。実際に今、本当に体験しているような表現をしてこそ、感動がリアルに伝わるのです、雑談がうまい人は当事者の状態で思い出して話をします。自分が知らないことを知っている人のほうが圧倒的に多いはずです、そういったときには教えてもらうことで、相手がより楽しく話してくれるでしょう。興味深い話をしてくれているというサインを伝えるには、目を見開くことです、目を開くといっても難しいので、まゆ毛を上げます。人が一番好きな人は、自分を重要に扱ってくれる人です、人間は自分が価値ある人間だと感じさせてくれる人が大好きです、相手に重要感を与える言葉の中でも、最も基本的な言葉は「相手の名前」を呼ぶことだといいます。相手に不満を伝えたい時は、ほめ言葉でサンドイッチしよう!(ほめて、否定して、ほめるのです)。相手の首の動きを観察して、その速さ、深さに合わせるようにするだけで、相手の潜在意識に与える印象は大きいです、自分の好きなうなずき方はしばらく封印して、相手に合わせてみてください、驚くほど相手の話す量が増えてきますよ。不思議そうな顔をしてオウム返しをする、あるいは、びっくりした顔をして、声を張り上げてオウム返しする、これはお笑いの人が最も得意とするところです、雑談上手はオウム返し上手なのです。

  • Pacing:首の振り方、不逆さに気をつける。
    困ったら、自慢話、苦労話、感動した話を振ってみる。
    相手の見た目をまずほめ、その次に内面をほめる。
    ・へー、それから、どんあn

  • 人間関係で雑談がいかに重要であるか、そしてその実践がいかに簡単であるかを説いてくれる本。雑談が怖い人、自分が怖いように相手も怖いのです。人に話しかけたいのに話しかけるのが苦手な人は、ぜひ一度読んでみると良いです。

  •  表紙折り返しに
      
    「一期一会を
     大事にするな!」
        
    と書かれています。
     はて、これはどういう意味でしょう。
       http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20120604/p1

     

全30件中 1 - 10件を表示

松橋良紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロンダ・バーン
デール カーネギ...
内田 和成
ジェームス W....
ジェームズ アレ...
有効な右矢印 無効な右矢印

あたりまえだけどなかなかできない 雑談のルール (アスカビジネス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

あたりまえだけどなかなかできない 雑談のルール (アスカビジネス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

あたりまえだけどなかなかできない 雑談のルール (アスカビジネス)を本棚に「積読」で登録しているひと

あたりまえだけどなかなかできない 雑談のルール (アスカビジネス)はこんな本です

あたりまえだけどなかなかできない 雑談のルール (アスカビジネス)のKindle版

ツイートする