30日間で900点! 英語嫌いな私のTOEIC(R)TEST勉強法 (アスカカルチャー)

  • 92人登録
  • 3.11評価
    • (2)
    • (10)
    • (8)
    • (5)
    • (3)
  • 15レビュー
著者 : 濱口達史
  • 明日香出版社 (2011年1月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756914323

30日間で900点! 英語嫌いな私のTOEIC(R)TEST勉強法 (アスカカルチャー)の感想・レビュー・書評

  • なるほどと思えることも多いし、論理だって書かれているので理系の私には合ってるような気がします。
    実際に頑張れるかは別問題ですが…。

  • 会社に置いてあったので読んだが、失敗。
    意外と評価が高いようだが、自分的にはかなりイマイチな内容だった・・・とにかく共感できない。
    http://nagoemon.blog56.fc2.com/blog-entry-624.html

    2016/12 なぜか再読してしまった
    めちゃくちゃイマイチだった。独善的、自慢、一般論の押し付け、などなど。置いておくのも場所が勿体無いので、ブックオフに売る。

  • TOEIC初心者向けの勉強法指南書。英語の苦手な著者が書いた本であり、理系らしく数字を根拠に説明してくるので、説得力がある。
    ただし、この手の指南書は「自分が成功したから他の人がやっても成功する」というスタンスで書かれているので、いろいろと本屋で手に取ってみて、自分に合いそうなやり方をミックスして最良の方法を決めて実行するのが良い。

  • 英語が好きでない人、TOEICでどうしてもある程度の成績を取らねばならない人向けのノウハウ。

  • 自分へのご褒美→字幕なしで映画を見る

    気分転換に好きなゲーム漫画の英語版を読む

    問題集の後半1/3はやらなくてよい

    part5,6(文法・語彙)→文法問題集×1
    part7(読解)→公式or読解問題集×1
    part1-4→公式×1


    必要な単語数=(目標点数-自分の点数)×5
    必要なイディオム=(目標点数-自分の点数)÷2

    つまり900点とるには2000語、200イディオム

    自作単語帳が必要
    始めて出会った新出単語はその場では覚えないで自作単語帳にメモするだけ
    後日、同じ単語に出会ったときに見返す→☆マークをつけて暗記
    固有名詞以外はすべてメモ
    A5の大学ノート

    スペルは完璧に
    発音はアクセントだけはしっかり、カタカナ英語でアクセントをしっかり
    2秒で意味が思い出せるように
    用例はさぼらずに読む
    1つの単語を覚えるときに類義語、反意語も一緒に覚える

    市販単語帳にのっている類義語・反意後はすべて覚える
    リーディングやリスニングなどの勉強をしているときに出会った単語のうち、すでに自分が覚えた単語と類義語・反意後の関係があると思ったら単語帳を開いてその単語を探し出し、書き込んでネットワーク化を勧める。
    何度繰り返しても覚えにくい単語については自分で類義語・反意後を調べて単語帳に書き込み、より意図的にネットワーク化を進める。

  • 久々にTOEICを受験しようと思い購入しました。

    なるほどと思ったことは・・・
    ・単語が全て。とにかく覚えること
    ・どうせすぐ忘れてしまうので、短期間で覚えてしまうこと。長期戦をしても忘れてしまうので意味がない
    ・シャドウイングが必要

    800点から900点に行くまでに必要な単語数が500と書いてあり、ちょっとほっとしています・・・。

  • 気持ちはとても伝わってきましたが、自分にはちょっと合わないかな。

  • 短期間でTOEICスコアを大幅にアップするための勉強法の紹介。

    30日という短期間の中に盛り込まれた著者の無駄のない(そして、少し無謀な)スケジューリングに、不思議とワクワクする自分がいる。

    紹介している学習法とスケジュールを実践してみて、TOEIC受験後に本書を再評価したいと思います。

  • 本書の想定読書対象者は「TOIEC500点」レベルの人。
    そもそも英語が苦手で大学は英語の単位落としたといわれても、著者が落としたのは京都大の英語の単位ですからね…。ちなみに500点スタートで900点を狙う人のほかに、スタート300点で600点を目指す人のためのコースもあり。
    まさしく理系な感じの結論からいう無駄のない文章。
    参考書を「図書館で借りられるもの」とかいう分類もしていて面白かった(笑)。フリーのネット上の「ツール」やモチベーション維持のための方法も◎。

    *リリース済み。

  • ・必勝!TOEIC900点勉強法 http://toeic900.jpn.org/の中の人の書籍
    ・上記ブログの勉強方法を掘り下げている。
    ・単語勉強の重要性を思い出させてくれるので、その勉強法をしている自分にはカンフル剤になりました。感謝。

  • 「勉強法」なのでこの本だけ読んでも決してTOEICの点は上がらない。
    しかし、著者の進める勉強法がわかりやすく書いてあり、この本はすぐ読める。30日で勉強を終わらせるのにこの本を1日かけて読むわけにもいかないからこのわかりやすさはいい。

    勉強に使う教材もお金をかけずに済ませている。TOEICの模試と単語帳、ノート、あとは文法書など。著者の見積もりでは受験料も合わせて多くて1万6千円くらい。また、特にどこの出版社の本がいいといったことも書かれていないので、出版社の宣伝にもなっていない。この点は好感が持てる。

    肝心の勉強法だが、30日でやるということで1日の勉強時間は4時間を見積もっている。これは社会人だと結構キツい。学生でも中々取れない時間ではなかろうか?しかし、30日で900点取れるならその時間を作る価値はあるだろう。

    因みに、著者は英語で留年したことを鑑み「こんな僕でも」と何度か書かれているが、経歴を見ると京都大学卒業、京都大学修了、東京大学博士課程中退。元々素性が良かったんじゃないかと思えてならないw

    まだ自分がここに書かれている勉強法を試したわけではないので評価は付け難いが、とりあえず★3

  • 外国語 830.7/H23
    資料ID 2010200667

  • TOEICに限らず、他の語学、語学以外の資格試験全般に役に立ちそうな1冊。

    世の中に出回っている「たった○○だけで」とか言うような本とは違い、
    社会人にとっては相当気合をいれないとこなせないようなスケジュールを紹介している。
    そのかわり、これをやったら相当力はつくんだろうなという感じ。

    ・・・まぁ、私は出来ないけど。
    でも参考になったし、モチベーションも上がりました。

  • 目新しいことは書いてないが、読むとやる気が出た。後は実際にやるかどうかだ。
    今年はは900点取ります。

全15件中 1 - 15件を表示

30日間で900点! 英語嫌いな私のTOEIC(R)TEST勉強法 (アスカカルチャー)を本棚に登録しているひと

30日間で900点! 英語嫌いな私のTOEIC(R)TEST勉強法 (アスカカルチャー)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

30日間で900点! 英語嫌いな私のTOEIC(R)TEST勉強法 (アスカカルチャー)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

30日間で900点! 英語嫌いな私のTOEIC(R)TEST勉強法 (アスカカルチャー)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

30日間で900点! 英語嫌いな私のTOEIC(R)TEST勉強法 (アスカカルチャー)を本棚に「積読」で登録しているひと

30日間で900点! 英語嫌いな私のTOEIC(R)TEST勉強法 (アスカカルチャー)はこんな本です

ツイートする