働く女 素敵な新ルール (アスカビジネス)

  • 53人登録
  • 3.62評価
    • (3)
    • (3)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 有川真由美
  • 明日香出版社 (2011年12月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756915146

働く女 素敵な新ルール (アスカビジネス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 著者の他の本もあるのでこちらは読まなくても大丈夫そう。20代若い方向け。

    他人を嫉妬しない
    学び続ける
    60歳以上でも働けるを目指す

  • 「働く女のルール」と比べると若干ネタ切れ?というか上滑りという感じ。
    自分が年を取ったせいもあるかもしれない。

  • 数々の転職を繰り返してきた著者が、働く女性たちに向けて、輝きながら働いていくための土台になるルールを紹介した本。ぐっと胸に突き刺さったルール、言葉たちを、備忘録も兼ねて以下に挙げる。

    ○“仕事は、人を喜ばせてなんぼ。お金を払ってくれる人や会社があってこそ。自分の「こうなりたい」という私欲だけで、仕事をやってもうまくいきません。…「やれること」と「人が求めてくれること」の一致した場所が、あなたが仕事をする場所です。”(p23)

    痛い、痛い。私は今の仕事でなんら付加価値をつけられていないし、喜びも感じられない。ただ安定にしがみついているだけな気がする。

    ○“プロなら「努力しています」は禁句 仕事には結果が求められる”(p72)

    思えば私はできなかった言い訳ばかりだ。結果としてダメなものはダメだったと、これからどうすべきか考えるべきなのに。

    ○“信頼のタネは、小さなことの中にあります。「時間を守る」「頼まれたことを放置しない」……まずは、この2つを心得ておくといいでしょう。”(p107)

    ○“言いにくいことほど、早く報告。ミスをしたときほど、早く動くことです。”、 “謝り方にも、「美しいあやまりっぷり」というものがあります。ポイントは「言い訳をしない」「人のせいにしない」。言い訳の裏側には「逃げ」の気持ちがあります。”(p113)

    ほんと、私この点に関しては一回出直してこい、と思う。

    ○“必要なのは「自信」より「想像力」
    …コンプレックスをバネにして伸びていく人と、コンプレックスで自己嫌悪になり、活力をなくしてしまう人との差はなんなのか。それは、『自分にもできることがある』と一筋の希望を持っているか、そうでないかの差ではないかと思います。…



    ○“お金で解決できることはお金に任せよう”(p200)

  • これを登録したかったのに!! (〃ω〃) ひえ~

  • 心がけないといけないな、と思う言葉がたくさんありました。

  • 内容詳細 http://www.asuka-g.co.jp/book/business/005815.html

    本文DTPと校正を担当しました。
    (装丁や表紙、帯のイラストは別のかたです)
    著者はライターというよりも作家さん。

    ユニクロに勤めた、というおもしろい経歴をもっておられます。
    女の子のための気どらない生き方、とあるように、主に若い女性におすすめです。

全7件中 1 - 7件を表示

有川真由美の作品

働く女 素敵な新ルール (アスカビジネス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

働く女 素敵な新ルール (アスカビジネス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

働く女 素敵な新ルール (アスカビジネス)はこんな本です

ツイートする