「こんなはずじゃない自分」に負けない心理学 (アスカビジネス)

  • 69人登録
  • 3.23評価
    • (3)
    • (2)
    • (5)
    • (1)
    • (2)
  • 8レビュー
著者 : 晴香葉子
  • 明日香出版社 (2000年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756915269

「こんなはずじゃない自分」に負けない心理学 (アスカビジネス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • フォトリーディング
    自分

  • 請求記号:146.8/Har
    資料ID:50067311
    配架場所:図書館1階西 学生選書コーナー

  • 晴香葉子さんの本は初めて読んでみましたが、
    全体を通じて、

    「とにかく知識が豊富だなぁ。。。」

    と。

    また、それらの知識から導き出されるベストプラクティスに
    近い思考を実にわかりやすく解説しています。

    カウンセリングに人気があるのも納得ですね。

    さて、幾つか僕の中で気に入った部分をピックアップし、
    紹介してみたいと思います。

    「心が折れる瞬間をつくらない」
    「熱中していれば、ココロは折れない」

    うん。確かに手が止まった時、不要な不安が襲ってきます。
    大規模プロジェクトが終わった後なんて、まさにそれです。
    大抵、体調崩しますね(笑)

    それって、

    「クルーズコントロール状態」

    と表現するらしいです。知りませんでした。。。

    あと、人間関係について、

    「誠実、真面目、一途。これだけ守っていれば、
    大きなトラブルにはならない。」

    非常にシンプルですが、これはまさにそうですよね。

    「当然」を守れない人は、「当然」切る。

    うん、実にシンプル。

    「いつもいいひとでいなくていい」

    の章に出てくる著者とご友人の方とのエピソードも
    実にわかりやすいですね。

    人間関係の本質的なものってまさにこういうこと
    なんだと思います。

    最後に人生観について。

    「満たされているほかの欲求に気づくと見失っていた
    居場所が見えてくる」

    この概念をマズローの欲求階層説を用いて説明されている
    ところもとてもわかりやすいですね。

    最後に。

    「負けない心理学」

    ってタイトルは、僕の中では、

    「今の自分に満足せず、自分なりに戦っていきましょう」

    っていうメッセージだと受け止めています。

  • この本の中の心理診断が良かったです。ちょっと検索かけても出てこなかったのでここで。

  • ジョハリの窓関連書籍を探していて購入。
    装丁に素敵だが、内容はうーむ。

  • 元気になる。

  • 立ち読み:2012/4/7

  • 気になった言葉メモ。

    ☆心の中をデザインする。「創造力は知識よりも大切である。知識には限界があるが、創造力は世界を包み込む」というアインシュタインの言葉が印象的。

    ☆破壊は、同時に可能性や大きなエネルギーをうむ。

    ☆忙しくて大切なものを見過ごしてしまいそうなとき 「今、まさにこの瞬間」をカメラのシャッターをおろすように微分で記憶する。言語化して、ビジュアルでイメージする。

全8件中 1 - 8件を表示

晴香葉子の作品

「こんなはずじゃない自分」に負けない心理学 (アスカビジネス)に関連する談話室の質問

「こんなはずじゃない自分」に負けない心理学 (アスカビジネス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「こんなはずじゃない自分」に負けない心理学 (アスカビジネス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「こんなはずじゃない自分」に負けない心理学 (アスカビジネス)を本棚に「積読」で登録しているひと

「こんなはずじゃない自分」に負けない心理学 (アスカビジネス)はこんな本です

ツイートする