CD BOOK バンクーバー 発音の鬼が日本人のためにまとめた ネイティブ発音のコツ33 (アスカカルチャー)

  • 79人登録
  • 3.30評価
    • (0)
    • (5)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
  • 明日香出版社 (2013年9月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756916457

CD BOOK バンクーバー 発音の鬼が日本人のためにまとめた ネイティブ発音のコツ33 (アスカカルチャー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 買い

  • 参考にしている。

  • [図書館]
    読了:2015/4/5

    既存の発音スクールや発音本と比べて目新しいところはなかった。

    [s]の発音のところで、sitは「すー」[s] から「い」[i] につながるので「すいっ」になる。「しっと」じゃない。

    ここだけ、意識するべきところが分かりやすく参考になった。

  • 英語で、話してる言葉と文章とがどう見て聞いても一致しないと思っていたことがあったけれど、「発音してない」「はじめからしゃべってない」という事があることを知って目からうろこが落ちました。道理で!
    これだけ母音を発音しない言葉なのだという事を事前に知ってるのと知らないとじゃ大違いだと思いました。
    となると、言ってない言葉を推量できるようになるには、あらかじめ何を言わんとしているか予想できるほどの語彙が必要なのだな…

  • 発音のコツがわかりやすく整理されておりCDを聞きながら楽しく学習できた。

全5件中 1 - 5件を表示

リチャード川口の作品

CD BOOK バンクーバー 発音の鬼が日本人のためにまとめた ネイティブ発音のコツ33 (アスカカルチャー)を本棚に「積読」で登録しているひと

CD BOOK バンクーバー 発音の鬼が日本人のためにまとめた ネイティブ発音のコツ33 (アスカカルチャー)の作品紹介

日系カナダ人のネイティブ著者だからわかる「日本語と英語の発音の仕方の違い」を34のコツにまとめて紹介します。1か月で生徒のTOEIC®スコア平均180アップの実績を誇るバンクーバー名門校在籍の有名講師が「日本人の発音のネイティブ化」のために書きおろした一冊です。

CD BOOK バンクーバー 発音の鬼が日本人のためにまとめた ネイティブ発音のコツ33 (アスカカルチャー)はこんな本です

ツイートする