「仕事が速い人」と「仕事が遅い人」の習慣 (アスカビジネス)

  • 818人登録
  • 3.22評価
    • (19)
    • (56)
    • (101)
    • (33)
    • (7)
  • 97レビュー
著者 : 山本憲明
  • 明日香出版社 (2013年10月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756916495

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
古川 武士
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

「仕事が速い人」と「仕事が遅い人」の習慣 (アスカビジネス)の感想・レビュー・書評

  • 「人生の主役は自分である」という気概を持って、「自分が何をしたいか」「自分がどうなりたいか」を軸に仕事を選び、やっていく。

    この言葉に、これから新しい仕事をしようと思っている私は勇気づけられました。

    プライベートの時間も大切にしたくて、お金も大事で…

    だったら仕事を速くすればいいのだなと。

    お金で時間を買って、未来に投資したり、プライベートの時間を楽しんでリラックスすることも大事だなと。

    そして買った時間で自分の価値を高め、それ以上のものを還元できる(稼げる)ようにしたい。

    人によってどう進めれば効率的に仕事ができるか違うので、自分に合った方法を試行錯誤していきたい。


    ☆以下大切にしたい点
    *使う道具にこだわる
    *今日やることは未来からの逆算で決まる
    *重要であるが、緊急ではない仕事をするための時間をあらかじめ確保
    *記録は決まった場所にまとめてキッチリ整理
    *マニュアルとチェックリストを作って活用
    *悪いことを想像したりなんかせず「最善は何か」ということだけ考える
    *仕事では何をするにしても言葉や文章が必要。→地道に本を読み、言葉を紡ぎ、文章を書く。
    *将来の計画や目標につながることで、毎日やった方がいいことをルーティンワークとする

  • そんなに歳でもないけど、前時代日本人的にサービス残業をしてしまう自分。
    そんな自分より多くの仕事をこなし、けれども定時退社しているような人と自分はいったい何が違うのか。
    ヒントが欲しくて購入。

    内容は、細かく分類した項目に言及して「こういう風にすれば効率化できる」という説明をするもの。
    もしかしたら、ある程度仕事のできる人にとっては当たり前に感じられるかも知れない。
    自分のような者ですら「まぁそれはそうだろ」と思う部分が無くはなかった。
    とは言え、「言われてみれば確かにそうだ」「そうか、仕事が速い人は確かにそんな感じで動いているな」と思わされる部分も多々。

    「タスク管理はそれに『かかる時間』まで考慮して」
    「退社する時間を決めて仕事をする」
    「『重要だが緊急でない仕事』を『重要でないが緊急の仕事』より優先させる」
    等々、意識するだけでだいぶ違うだろうな、と思った。

    ちなみに、似たタイトルで100円ショップで売ってる本があり、読んでみたらほぼ同じことが書いてあった。
    巻末を見ると「参考文献」としてこの本の名前が(笑)。
    どっちを読んでもまぁいいとは思うものの・・・。

    まぁ手元に置いておいて損はないかと。
    時代は仕事の効率の悪い人や無闇に残業する人を目の敵にする傾向にある。
    「そもそも定時でこなせる仕事ではない!」・・・と嘆いたところで、
    偉い人は耳を貸しちゃくれないし。
    こういう本なんかを参考にしてやれるだけやるか、もしくは逃げ出す、あるいは自分が偉くなってしまう、という選択肢に絞られてくるのだろうなぁと思う。

  • ○自分にあるムダ・ムリ・ムラを排除して、スムーズに業務がすすめられるようになろう

    一般職員のころから、プロジェクトを複数同時並行で作業を進めるような形で仕事をしてきました。それ自体は何も珍しくないのですが、最も重要な問題は、複数のプロジェクトを持った時にどのように作業の時間配分をしてうまくこなすか、ということは誰からも学ぶ機会がないのだ、ということです。

    思えば、大学生のころから、複数の作業を同時並行でこなすことは苦手。
    報告書は〆切直前に一気に書き上げる。複数の相手への依頼連絡もまとめて同じ文章を切り貼りして送付する。自分の中でこの記事はどうなってほしい、を予め深めないと記事依頼もできませんでした。

    役に就いてからは、より複数の仕事をより多くの人と相談しながらやる機会が増えてきました。その中で、そのような自分の仕事のスタイルを変える必要があるかどうかについて悩んでいました。

    読んでみて、全部が正しいとはあまり思いません。自分のやっていることと共通していることもあれば真逆なこともありました。
    ただ、仕事のスタイルを変える以前に、そもそものスタイルができていなかったのではないかと思いました。

    例えば、26番"仕事が速い人は仕事をする順番を決めず、仕事が遅い人は順番をきっちり決める。(p126)"は、一見順番を決めてからやったほうが良いように思えますが、その日に完遂させるべき仕事はもちろん先にやるべきですが、今日必ずしもやらなくてもいいがいつかやらなければならない仕事のようなジャンルは、順番を決めずやりやすいものからやるのが良い、と筆者もいいます。

    ダラダラしないように意識して過ごし、タスクシートは使い始めようと思います。

  • 隙間時間読書。お風呂読み用。
    朝時間に勉強すること。どの人に言わせても同じことに辿り着くのだから実行したいところ。

    「人生は短く、目標を達成するためには、わき見をしている暇はない。」

    歳をとるにつれ、時間が学生時代と違った意味で惜しくなってきたし、尊い。残りの人生や、若く入られる時間のことを思うからなのかな。

    また、体を大切にして鍛えることも忘れてしまいがちだけれど常に気をつけようと思った。。。


    それから、プライベートの時間を大事にするために仕事を効率的にこなすのもいいけれど、究極のところ、趣味と仕事が同じで人生が一つの継ぎ目のない一枚皮になるような、そういう生き方を私はしたい。
    プライベートな時も仕事の時でも好きな事を学び、人生全体で一つのことに向かって生きたい。

    職場の仲間を見て、実際に仕事が速いなと思う人、遅いなという人の特徴と同じだった。

    仕事をどんどん回して、時間をお金で買い、効率良く働いて成長していしたい。それができない場面も今後あると思うけれど。

  • 著者は税理士、中小企業診断士、気象予報士。山本憲明税理士事務所代表を務める。働きながら税理士試験や気象予報士試験を受験し、短期間で合格。10年半の会社員生活ののち、税理士事務所を設立し今に至る。

    著書に「朝1時間勉強法」「社長は会社を大きくするな」等多数。

    仕事が速い人になれば、ただ仕事を早くこなすことができるようになるだけではなく、著者のように試験に合格することができたり、時間の余裕を利用して新しいことや自分のやりたいことをはじめたりすることも可能になる。

    本書はそんな仕事が速い人になることができるメソッドについて以下の7章。50項目に分けて説明している。
    ①仕事環境編
    ②日常生活編
    ③考え方・姿勢編
    ④スケジュール管理編
    ⑤仕事攻略編
    ⑥自己研鑽編
    ⑦コミュニケーション編

    題名を見る限りでは、巷にあふれかえっているビジネス書のうちのひとつ。スルーしてしまいそうな一冊ではあるものの、本書は某新聞にて紹介されているのを見て手に取ってみた。

    内容についても、目からうろこなメソッドがたくさん!!というような内容ではない。

    しかし、書かれていることは間違いではないことばかり。色々な本で書かれているところの良いとこどり的な内容であることは確かであるものの、それも著者が実践してきて役立つことをまとめているだけあり、確かに軸はずれていない。

    本書は仕事を効率的にスピードを上げたい人が読むにはうってつけの一冊である。

    さらに締めの言葉として著者は本書は読むだけではなく、実践して欲しいと記している。
    まさしくその通り。
    読むだけではなく、実際に自分の出来ることを選び出しまたは自分のできるように工夫して落とし込んで行動にうつすことば求められる。

    書かれていることより、自分なりに咀嚼して行動に移すことが難しい。

    本書に書かれているように本書で書かれたことを実際に明日からやる人こそが既に「仕事が速い人」ということになると思う。

  • ★×4

    良本。同社で出版している他のシリーズも読みたくなった。

  • やらないことリストを作る。
    ・ネットサーフィン
    ・youtubeだらだら見る
    は、役に立ちそう。

  • 新書なのでさらっと表面をなぞった感じ。1時間もかからず読める。

  • 著者が書いてあった仕事を速くやるコツで実践しようと思ったのが、物を少なくして物を探す時間を減らすことと、仕事は余り細切れにやらないこと。(細切れにすると立ち上がりに時間がかかるので効率が悪い)。あとエクセルの知らない技も覚えたい。実践できているなと思ったのは、予定を入れて、お尻を切って仕事をやっていること。

  • 自分の今の苦しい現状に当てはまる事ばかりでした。
    文書力の向上、朝の時間の使い方など働く上で必要な考えとやり方がわかりやすくまとまってると思います。

    速く仕事ができるようになるのは細かい仕事のやり方よりも考え方がまず大切ではないかと本書を読みながら感じました。

    自分のやりたい仕事、なりたい自分の姿を考える事で自分の軸が見える。
    そして自分のなりたい姿を実現するためのやるべき事が明確になる。

    それを仕事にも置き換えていくだけで取り組み方も変わるのだと思います。

  • とても分かりやすくまとめてあったので、すぐにでも実践したり意識をかえることができそうな内容だった。自分の人生を充実させるためにも限りある時間を有効に使いたい。

  • 自分に参考になったのは、周囲の整理整頓によってモノを探す時間を減らすってことと、予定時刻より早く目が覚めたら二度寝せずに起きちゃって、眠くなったら昼寝する方が良いってとこかなー。二度寝すると予定時刻より遅く起きちゃうから。

  • 当たり前のことを当たり前にちゃんとやる
    耳が痛いですが、その当たり前が書かれていました。

    あとは書かれていることをやるか やらないか
    結局は実行が重要です。

    人とは弱い生き物で
    読んで 確認はしたけど 明日から よし!!
    って思える状況にはなかなかなれない。

    でも、仕事が遅い人の部類には入りたくない

  • 図書館で借りてざっと読み。できそうなレベル感なのはよかったです。
    時間を決めて臨機応変にやる、ってのはその通りかなと。

  • 書いてある内容は、そこまで突飛なものはない。
    最後に、「知っている」ではなく「やっている」で終わっていたので凄くよかった。

  • 今日やることを未来からの逆算で決める
    時間とお金が関係していて時間は有限であることを知っている
    優先度は未来で自分にとって価値があるかどうかで決める

  • 仕事の早い人はとにかくやり、仕事が遅い人は結果を気にする。
    緊張の場面でも、今出来る限りの最善を尽くしやるべきことをやる

  • 仕事が速い人は明確な目標がある。大きな目標を持っていると、その目標を達成するためにやるべきことが増え、「時間がなくて仕方がない」という状態になる。つまり、無駄なことをやる時間がなくなり、目標達成に向けて集中力も高まる。
    「人生は短く、目標を達成するためにはわき見をしている暇はない」
    自分の自給を決めて、それに沿って仕事をしていく。600万の場合、1日8時間、年間240日計算で、3125円。一つ一つの仕事っを短い時間で終えて、余った時間はその給与をもっと上げるためのこと、たとえば仕事の効率化とか、自分の価値を上げるための勉強などに使えばいい。
    仕事を重要度と緊急度によって4象限に分ける。1.重要かつ緊急な仕事。2.重要だが、緊急でない仕事。3.重要でないが、緊急な仕事。4.重要でも緊急でもない仕事

  • 仕事が遅い人の習慣も、仕事が速い人の習慣も、どちらも多分人は持ち合わせていて、どっちのウェイトが現在大きいかの違いなんだろうなと思う。ちょっとした考え方の違いで仕事の仕方は大きく変わるから、自分からタスクを作り出す人になろう。

  • 特に印象に残った違いは以下に記載
    <学び>
    ・プライベートも充実させることでエネルギーの総量を高める
    ・細分化によって隙間時間も有効に使う
    ・集中力を持続させるための工夫を持っている
    ・全体像を把握した上で仕事を始める
    ・明確な目標を持っている
    ・自分の価値を自分で知っている
    ・言葉を大事にする
    ・やらないことを決めている
    ・マニュアルをつくって効率化できる

    インターンをしだしてもっともっとたくさんの仕事をしていきたいしこれをマスターすることで要領よく吸収していきたい。

  • 残業しないシリーズで買ったが、同じような本を数冊読んだ後なので、あまり目新しい発見はなかった。ただ、仕事を効率化する細かなスキルはたくさん書かれているので参考になった。

  • スケジュール編参考になった。並行していくつもやるのは良くないのかな。

  • 毎日仕事に追われて残業が続き、プライベートが全然充実しない・・・・・そんな悩みを抱えているビジネスパーソンのための1冊。 「仕事が速い人」と「遅い人」の差なんてほとんどありません。ほんの少しの習慣を変えるだけで、劇的に速くなるのです。 サラリーマンをしながら、税理士・気象予報士をとった著者が、「仕事を速くできるためのコツと習慣」を50項目でまとめました。著者の経験を元に書かれており、誰でも真似できる実践的な内容です。

  • うーん、本としての価値は少ないかな。
    立ち読みでいいレベル。

全97件中 1 - 25件を表示

「仕事が速い人」と「仕事が遅い人」の習慣 (アスカビジネス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「仕事が速い人」と「仕事が遅い人」の習慣 (アスカビジネス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「仕事が速い人」と「仕事が遅い人」の習慣 (アスカビジネス)を本棚に「積読」で登録しているひと

「仕事が速い人」と「仕事が遅い人」の習慣 (アスカビジネス)の作品紹介

同じ仕事をやらせても、速い人と遅い人がいる。その原因はいろいろだ。仕事の速い人、遅い人の習慣を比較することで、どんなことが自分に足りないのか、どんなことをすればいいのかを、著者の体験談とともに50項目で紹介する。

「仕事が速い人」と「仕事が遅い人」の習慣 (アスカビジネス)はこんな本です

「仕事が速い人」と「仕事が遅い人」の習慣 (アスカビジネス)のKindle版

ツイートする