速攻で仕事をする人の手帳のワザ (アスカビジネス)

  • 198人登録
  • 3.47評価
    • (7)
    • (18)
    • (24)
    • (6)
    • (0)
  • 19レビュー
著者 : 佐久間英彰
  • 明日香出版社 (2014年11月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756917355

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

速攻で仕事をする人の手帳のワザ (アスカビジネス)の感想・レビュー・書評

  • タイトルが「速攻で仕事する」なのだが、最初のアナログとデジタルの記録の比較で効率性の話が少なくタイトルとの違いを感じた。
    中身だけの感想を述べると、本書に書かれた手帳テクニックは面白いのが多く、いくつか実行したら自分の日々の生活の意識がかわるかもしれないと感じた。

  • 手帳活用の勉強をしようと4冊読破。佐久間英彰『速攻で仕事をする人の手帳のワザ』。美崎 栄一郎『ゼロから始める手帳活用術』。日本能率協会マネジメントセンター『文具200%活用術 仕事がはかどる!結果がすぐ出る!』『手帳活用パーフェクトブック』。なるほど。

  •  「はじめに」で著者は、「この本にある手帳の書き方はこれといって特別なものではありません。」と書いています。このことを踏まえてこの本を読む必要があると思います。

     つまり、何か目新しい手帳術のようなものを期待しているのであれば、この本は向いていません。どちらかと言えば、まだ手帳が使いこなせていない、あるいは、手帳をもう少し使いこなしたいがその方法が分からない、という人にこそ向いている本と言うことができます。

     しかし、逆に考えてみると、そんなに奇抜な手帳の使い方というのがあるのでしょうか。遊びや趣味であれば分かりませんが、仕事で使う手帳術に、複雑なもの、奇抜なものは似合いません。そういう意味で、普遍的な使い方を知るのが一番だと思います。

     著者は、ご存じのとおり、ジブン手帳を作った方です。でも、この本は、必ずしもジブン手帳を使うことを前提には書かれていません。そういう意味でも、非常に良心的な一冊と言えるのではないでしょうか。

  • ジブン手帳開発者による手帳術の本。

    いわゆる手帳ジプシーな私。
    その中でも「憧れはデイリー、バーチカルは合わない、でも現実はマンスリー」という信念(?)に基づき手帳選びをしていました。
    けれど、絵が苦手で、荷物の多い私にはデイリーはストレスだなとか、合わないと思っていたバーチカルは、自分の弱点である時間にアバウトなところを鍛えるにはいいかなとか、この本を読んで少し考えが変わった気がします。
    計画と現実のギャップは蛍光ペンで囲むとか、to doリストの作り方、手帳に書かない方がいいこと(メモ帳やノートの必要性)などの情報もあって。紙面に制約がある雑誌よりも方法や根拠が詳しかった。

    ※半額のジブン手帳(DIARY)を発見、購入しました。信じられないくらい軽い!
    そして方眼がとても使いやすい!

  • 書いてる内容が習慣づけれるまで、何度も読み返したい。

  • 終章のデジタルリンクツールの子小道具の紹介が凄い

    データば保存しても使わなければ意味がない

  • 手帳やノートについて、消化不良感があったので最近、参考になりそうな本を読みすすめています。
    もっと若い時に色々定められればよかったんですが。。。

    取り入れたいのは以下のトピック
    Tips25 その日のメインタイトルを書いてみる
    Tips28 手帳には大切なアイディアやメモは書かない
    Tips45 1日の終わりには3行日記
    Tips46 空いたスペースに感情を付記する
    Tips47 お金の管理も手帳でする
    Tips49~55 手帳の後ろになんでもリストを作る
     おススメされたもの/観たい映画や本/プレゼントするものしたもの/誕生日記念日/やりたいこと/名言
    Tips58 夢をかなえてくれる手帳はない
    Tips61 理想の一週間(平日/休日)を書いてみる

  • ジブン手帳の作者が筆者

    ジブン手帳のプレゼンがあるが結局は自分に最適な手帳は自分で作り上げるしかない

    アドバイスが色々あるが、結局は自分のライフスタイルに合わせて最適なものを発見する。

    また、ライフスタイルは常に変化するのでその都度更新していく

  • 手帳の使い方。
    メモの取り方などが参考になった。
    「ジブン手帳」はここに記載されている手帳術を大きく反映されたものになっている。

  • 手帳の使い方についての本。何点か、ぜひ取り入れたいと思うアイデアあり。

  • 一般的な手帳の使い方としては役に立つと思います。

  • 参考にしたい・・・

  • なんとなくやっていたスケジュール管理&ライフログが明確にできるようになった。

  • 2015/01/19

    年間、月間、週間の使い方が分かりやすかった。
    月間に、予定を書かず、日記にするなど、割り切ることは必要だ。

    迷走していた私の使い方に、光が差し込んだ感じだ。

  • 速攻で仕事をする、というより、必要な情報にすぐアクセスできる手帳術の本です。



    「1日1日を無駄にしないために、その日のテーマを書く」
    「他人の予定は右寄せで書く」
    「その日の感情を記入する」



    など、普段そこまで手帳の使い方を意識しない自分にとっては参考になりました。



    でも、そこまで面白くなく定価で買ったら期待外れだったから立ち読みで良かったー!

    という感情を早速このレビューに残してみることにします。

  • 自分の手帳の使い方とかなり近かった。悪戦苦闘しなががらたどり着いたやり方は間違っていなかったということか。

  • めちゃめちゃ面白かったです。これやってる!というものから、目からウロコ・試してみたい!というワザまでもりもりだくさん☻看護師の仕事に活かせそうな部分もあり、アイディアが膨らんでメモが増えました◎2015年はさらに手帳を活用するぞ〜

  • きちんとルールを決めてかかれば、アナログの方が断然早く情報を引き出せると再認識。
    もちろん、デジタルの方が早いものもありますが、アナログ手帳の便利さが感じられる一冊だと思います。
    PC内を整理するのと同じく、手帳の整理も大事であることが良くわかる一冊だと思います。
    ただほぼ実践してる内容だったので、☆は4つにさせていただきました。
    手帳初心者の方は一番始めに読んでみるといいと思います。

全19件中 1 - 19件を表示

速攻で仕事をする人の手帳のワザ (アスカビジネス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

速攻で仕事をする人の手帳のワザ (アスカビジネス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

速攻で仕事をする人の手帳のワザ (アスカビジネス)を本棚に「積読」で登録しているひと

速攻で仕事をする人の手帳のワザ (アスカビジネス)の作品紹介

多忙な広告会社のプランナーが実際に行っている、効率がよく手間なくスケジュール管理ができ、すごいアイデアが湧き、毎日が楽しくなる手帳の使い方を伝授します。手帳を使いこなすことで仕事と人生が変わります!

速攻で仕事をする人の手帳のワザ (アスカビジネス)はこんな本です

ツイートする