話し方で「成功する人」と「失敗する人」の習慣 (アスカビジネス)

  • 69人登録
  • 2.93評価
    • (0)
    • (5)
    • (5)
    • (4)
    • (1)
  • 11レビュー
著者 : 松橋良紀
  • 明日香出版社 (2015年5月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756917683

話し方で「成功する人」と「失敗する人」の習慣 (アスカビジネス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  興味深く読めました。
     実用書なので、評価基準は分かりやすい&実践できるテクがある&納得するの三点でした。なるべく実践できるようにしたいと思わされました。

  • 【No.54】「概念を読んだだけで変われる人は、ごくわずか。多くの人は、具体的なスキルを学ばなければ変われない」「他人に言われたくないことを自分で言えるようになったときが、本当の強さを身に付けたとき」「誰でも、自分の得意なことや好きなことに対して、いろいろ質問して聞いてくれたらうれしいもの」「自分の想いを言葉で伝えようとする努力を放棄してしまうと、深い関係を築くことはできない」「簡単な語彙に言い換えられる能力は、普段の読書量がモノを言う」「何か意見を言っても、いちいち反論されるのがわかっていたら、自分からアイデアを出すような創造性を持つ部下はいなくなっていく」

  • 読んだことになっているが、全然記憶にありません。

  • 失敗する人は自慢をする。
    成功する人は自分の悪いところをさらけ出す。

    人は誰でも二面性があり、見えている逆の部分を持っている。

    緊張は脳から自分を守ろうとしているホルモンが出てるだけ、だから嫌なものだと考えず受け入れる。

    頭の中でイメージをする時は否定言葉を使わない。
    例えば「失敗しない」と言ったら、潜在意識は失敗をイメージするのでそれなら「成功する」に言葉を変える。

  • 請求記号: 361.45/Mat
    資料 I D : 50080734
    配架場所: 図書館1階西 学生選書コーナー

  • カリスマ経営者の松下幸之助が、こんな言葉を残しています。
    「人の悪いところしか見えないのは三流。
    人のいいところもみえるが、悪いところも見えるのが二流。
    人のいいところしか見えないのが一流。」

    周りの人に動いてもらうのがうまい人の話し方。
    「〜してくれると、とてもうれしいんだけど」
    「〜してくれると、とても助かるわぁ」
    「〜されると困るわぁ」
    「〜されると心配するわぁ」
    「〜されるとつらい」
    「怒り」とは、二次感情です。本当の感情ではありません。「怒り」の一次感情は、「悲しみ」、「不安」、「苦しみ」です。

  • タイトル通り、話し方や態度で「成功する人」と「失敗する人」の習慣を50タイプに分けて解説している。いずれも「成功する人は~と考え、失敗する人は~と考える」のようなスタイルで、成功する人と失敗する人の考え方、言動、行動等を4ページで簡潔に説明している。文章は簡潔で分かりやすい。ただ、書いてある内容は他のビジネス書や自己啓発書に書いてあることとほぼ同じように感じた。印象的だったのは、「ありがとうございます」と言い続けることで運気が上がるという説は、スピリチュアル系の本にもよく書いてあることで、ここでもまたその説が出た、とちょっと驚いた。あと、巻末で、著者による音声ファイルのDLサービス案内が記載されてます。

  • 「話し方で成功する人は相手を喜ばせることが生きがいである。」とあったが、つまり、結局はサービス精神が旺盛な人が成功するのであろう。

全11件中 1 - 10件を表示

松橋良紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

話し方で「成功する人」と「失敗する人」の習慣 (アスカビジネス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

話し方で「成功する人」と「失敗する人」の習慣 (アスカビジネス)を本棚に「積読」で登録しているひと

話し方で「成功する人」と「失敗する人」の習慣 (アスカビジネス)の作品紹介

たくさん話しているつもりなのになぜか場が盛り上がらない、いくら話しても信用されない、会話が続かないなどの悩みを解決する方法を50項目でまとめた。コミュニケーションスキルと自信を高めるスキルを、成功する人と失敗する人の対比から学ぶ会話術。

話し方で「成功する人」と「失敗する人」の習慣 (アスカビジネス)はこんな本です

ツイートする