TOEIC(R)テストで「高得点を取れる人」と「取れない人」の習慣 (アスカカルチャー)

  • 22人登録
  • 3.17評価
    • (0)
    • (1)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 明日香出版社 (2016年6月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784756918444

TOEIC(R)テストで「高得点を取れる人」と「取れない人」の習慣 (アスカカルチャー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • TOEIC、再び。

  • 就職や社内での昇進でTOEICのスコアが重視されている昨今、高得点を目指す為に多種多様な参考書・問題集が発売されておりますが、この本は著者の英語嫌いのお話からTOEICで高得点を取った体験談が書かれています。サラッと参考程度に読み流して十分かと思います。

  • 違うメソッドで勉強してみようっと

  • TOEICがどういう意図で作られているのかという視点から勉強方法を提示しているところが新鮮でした。せっかくなので実用的に英語を学びたいですね。

全4件中 1 - 4件を表示

鹿野晴夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
D・カーネギー
ベン・ホロウィッ...
有効な右矢印 無効な右矢印

TOEIC(R)テストで「高得点を取れる人」と「取れない人」の習慣 (アスカカルチャー)を本棚に登録しているひと

TOEIC(R)テストで「高得点を取れる人」と「取れない人」の習慣 (アスカカルチャー)を本棚に「積読」で登録しているひと

TOEIC(R)テストで「高得点を取れる人」と「取れない人」の習慣 (アスカカルチャー)の作品紹介

約20年に渡り、様々な企業でビジネスパーソンに英語を指導している著者が、これまで多くの受講生を見てきた経験から、TOEICテ

TOEIC(R)テストで「高得点を取れる人」と「取れない人」の習慣 (アスカカルチャー)はこんな本です

ツイートする