情報通信の政策分析―ブロードバンド・メディア・コンテンツ

  • 10人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
  • エヌティティ出版 (2009年8月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (373ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757102637

情報通信の政策分析―ブロードバンド・メディア・コンテンツの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 情報通信政策についての論文集。
    複数の筆者が書いた論文(複数論文のまとめ論文のような体裁もあり)を集めているので、本全体を通して分かりやすさへの志向が欠けているように思います。当然ながら論文執筆者と理解レベルが共通でないところも多く、かなり理解して読み進めるのはハードルが高いです。
    各寄稿者はそういう時間もなかったのかと思いますが、もう少し一般向け書籍の体裁を取るのであれば工夫すべきかと思います。できれば、こういう論文集ではなく、多くても二人くらいの著者が筋立てて執筆してくれないかなと思います。

    ---
    ただ仕事上勉強すべき内容がたくさん含まれているので、がんばってまた読みます。

  • NTTがあっての日本の情報通信であることを理解すること。

全2件中 1 - 2件を表示

依田高典の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

情報通信の政策分析―ブロードバンド・メディア・コンテンツを本棚に登録しているひと

情報通信の政策分析―ブロードバンド・メディア・コンテンツを本棚に「読みたい」で登録しているひと

情報通信の政策分析―ブロードバンド・メディア・コンテンツを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

情報通信の政策分析―ブロードバンド・メディア・コンテンツを本棚に「積読」で登録しているひと

情報通信の政策分析―ブロードバンド・メディア・コンテンツの作品紹介

変貌を遂げる日本の情報通信市場。ブロードバンドサービスの普及、通信と放送の融合など、技術革新と設備投資がもたらした変化を実証分析し、あるべき政策を論じる。気鋭の若手研究者たちによる最新の論集。

ツイートする