世界の子どもとケータイ・コミュニケーション―5カ国比較調査

  • 10人登録
  • 5.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
  • エヌティティ出版 (2009年12月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757102682

世界の子どもとケータイ・コミュニケーション―5カ国比較調査の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 5カ国比較調査。
    日本、中国、インド、韓国、メキシコ。
    インド以外は持っている比率が高い。

    携帯所有率以外に、何が調べたかったのかがよく伝わってきませんでした。
    せっかく大規模な調査をしたのに、狙いが不明確な残念な調査の例かもしれません。

  • 子供の携帯のシェアは38%がau、35%がドコモ、24%がソフトバンクで、それぞれの利用料金平均は、5708円、5043円、4268円。もっと使え。
    日本、韓国、中国、インド、メキシコで調査。面白さ、新鮮味はまったくないから読む必要はない。時間の無駄。

全3件中 1 - 3件を表示

モバイル社会研究所の作品

世界の子どもとケータイ・コミュニケーション―5カ国比較調査を本棚に登録しているひと

世界の子どもとケータイ・コミュニケーション―5カ国比較調査を本棚に「読みたい」で登録しているひと

世界の子どもとケータイ・コミュニケーション―5カ国比較調査を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

世界の子どもとケータイ・コミュニケーション―5カ国比較調査の作品紹介

世界初の、日本・韓国・中国・インド・メキシコの親子6000組のアンケート調査。子どもへのケータイ普及要因、コミュニケーション環境、心理的影響、市場成熟度などを比較分析。日々変化し続ける今だからこそ得られる、貴重な独自調査データを掲載。

ツイートする