みんなの検索が医療を変える:医療クラウドへの招待

  • 22人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 石川 善樹 
  • エヌティティ出版 (2017年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757103726

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エラ・フランシス...
アレックス・ジョ...
宮下 奈都
有効な右矢印 無効な右矢印

みんなの検索が医療を変える:医療クラウドへの招待の感想・レビュー・書評

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:498.07||Y
    資料ID:95170511

  • patientlikeme

    FAERS FDA有害事象報告システム
    VAERS
    Treato
    ehealthme

    キュプラ―ロス 否認、怒り、取引、抑うつ、受容

    アマゾン メカニカルターク

  • # 『みんなの検索が医療を変える 医療クラウドへの招待』(Elad Yom-Tov)
    検索ログ分析から医療分野で発見したことの事例紹介。

    ## 第1章 検索データは僕たちそのものである

    ### 1 オンライン行動はいかなるデータを生みだすか
    ### 2 デジタルデータがもたらすリアル情報
    ### 3 ネットデータとプライバシーへの脅威
    [AOL](https://www.aol.com/)の検索ログから個人が特定された。
    街の名前(人口1.1万人)、犬を飼っている、60代の未亡人 --> 個人を特定
    ### 4 ネットデータを利用する研究は倫理的たりうるのか
    ### 5 医学研究におけるネットデータの利用法

    ## 第2章 医者にすべてを相談できるわけではない
    ### 1 人はなぜネットで医療情報を検索するのか
    匿名性
    ### 2 オンライン上の医学情報は有益か?
    ### 3 ユーザが提供するデータはどこまで正確なのか?
    検索ログから見える傾向と研究機関の調査結果が一致する。
    (検索ログの方)

    ## 第3章 オンラインで悪化する病気――拒食症のケースから
    ### 1 拒食症応援サイト「プロアナ」
    ### 2 拒食症とメディアの関係は実証できるのか?
    拒食症認知度スコアの高い有名人を検索したユーザーは、拒食症を応援するサイトにアクセスするユーザーに典型的なクエリを検索する確率が9倍になる。
    メディアが拒食症を取り上げると、上記クエリを検索する人が増える。
    一方で、「病気」として報道した場合はそうではない。
    ### 3 善意による有害な介入
    Flickr上で拒食症派と回復派(拒食症から回復中・済)をコメントやお気に入り、コンタクト関係や写真につけたタグによって分類した。
    拒食症派の人たちに特徴的なタグを回復派の人たちも使用し、回復を進めているが、むしろ逆効果になっている。
    (拒食症に関する投稿をやめたかで判断。)

    ## 第4章 みんなの検索が公衆衛生に役立つ!
    ### 1 ネットデータを利用して薬の安全性をモニターする
    薬の副作用の検出
    薬を飲み始めてから早期に副作用が出た場合、症状と薬を結びつけて医者にかかる
    副作用が出るのが遅い場合は薬の副作用と気づかない。検索ログから特定することが有用。
    ### 2 過去から病気のリスク要因を発見する
    1. 検索対象として興味深い症状をもつ検索エンジンユーザーのグループをどうやって見つければよいのか。
    2. どうやってそのグループの検索クエリを広い意味で解釈すればよいのか
    (ロックフェス名が検索されたときに、そのイベント特定 or ロックフェス一般 or その土地特有のリスク要因なのか)
    3. クエリで言及されたリスク要因が特定の状態に対してより高いリスクにつながるか、どうかをどうやってテストしたらよいか。

    1について具体的な状況を記述したクエリを探す
    > 「私は妊娠していますが、ワイン一杯程度なら飲んでもいいですか」
    クエリから機械学習でその人が持っている医学的特徴をグルーピング

    2について
    特定ユーザーを期間で切って比較
    病気の直前に発生するクエリの特定が可能

    ### 3 感染症を予知するシステムは可能か?
    フェス後に疲労をツイートしたり、発熱・嘔吐などの検索がなされていることを発見した。
    --> 検索クエリやツイートから感染症を検出する方法は従来の医療機関経由の情報ほど正確ではないが、迅速性ゆえに有用。

    ## 第5章 患者が本当に欲しい医療情報とは?
    ### 1 「悲しみの五段階」を定量化する
    癌の患者は時期に応じて、検索している内容が変化していく。
    ### 2 ... 続きを読む

全5件中 1 - 5件を表示

みんなの検索が医療を変える:医療クラウドへの招待の作品紹介

病気になったとき、私たちは、医者に相談する前に、ネットで検索するようになって久しい。データサイエンティストである著者は、オンライン上で病気の患者や家族たちが日夜行う医療・健康にかんする検索ビッグデータを解析することで、人々のニーズを把握し、それを医療従事者に提供することで、医療サービスを改善できる、という画期的なアイディアを思いつき、挑戦する。

みんなの検索が医療を変える:医療クラウドへの招待はこんな本です

ツイートする