「失われた20年」を超えて (世界のなかの日本経済:不確実性を超えて)

  • 18人登録
  • 4.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 福田慎一
制作 : 猪木 武徳 
  • エヌティティ出版 (2015年7月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (274ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757123151

「失われた20年」を超えて (世界のなかの日本経済:不確実性を超えて)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本書のポイントとしては
    失われた20年を2つの時期に分けることができる
    1 1990年代〜金融危機の発生
     →不良債権処理が進まず(too late too little)により銀行のバランスシードが毀損、結果として産業全体に深刻な影響へ
     →一方でゾンビ企業へのショック療法をおこなわず、追い貸しをした結果、低生産部門が温存されることとなる。

    2 2000年代前半
     →不良債権が進み、各企業はリストラ(主に設備投資・人件費削減)により収益を改善させた。その余剰収益は内部留保に回されたことで、イノベーションは進まず結果として、企業の生産性や競争力は低下していくことになる。

  • 332.107||Fu

全2件中 1 - 2件を表示

福田慎一の作品

「失われた20年」を超えて (世界のなかの日本経済:不確実性を超えて)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「失われた20年」を超えて (世界のなかの日本経済:不確実性を超えて)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「失われた20年」を超えて (世界のなかの日本経済:不確実性を超えて)の作品紹介

バブル崩壊後の日本経済はなぜ「失われた20年」に陥ったのか? 政府・日銀・企業の行動を解剖し、複雑に絡み合った構造を解き明かす。日経新聞「経済論壇」で活躍の著者渾身の書き下ろし!

「失われた20年」を超えて (世界のなかの日本経済:不確実性を超えて)はこんな本です

ツイートする