大格差:機械の知能は仕事と所得をどう変えるか

  • 243人登録
  • 3.77評価
    • (11)
    • (26)
    • (16)
    • (4)
    • (0)
  • 23レビュー
制作 : 若田部 昌澄  池村 千秋 
  • エヌティティ出版 (2014年9月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757123267

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
シーナ・アイエン...
リンダ グラット...
ジャレド・ダイア...
クリス・アンダー...
ベン・ホロウィッ...
ジェームス W....
ヨルゲン・ランダ...
有効な右矢印 無効な右矢印

大格差:機械の知能は仕事と所得をどう変えるかの感想・レビュー・書評

  • 最近上司とよく話すことが多い機械の知能と仕事の関係について書かれた本だったので手に取ってみた。非常に面白かった。星新一が小説の中で描いた世界がすぐそこまで迫ってきているような気がしてしまった。

    ・機械から与えられる情報を迅速に理解できる人は,私生活でも職業生活でも非常に有利になるだろう。ただし,そのためにしばしば必要とされる資質は,誰もが持ち合わせているものではない。その資質とは,極度のストレスにさらされたとき,それに押しつぶされないこと。

    ・現実世界では,データや分析結果を迅速に活用できることが大きな強みになることがしばしばある。…人はあらかじめ処理しておいた情報を瞬時に引き出そうとする。これらのケースではことごとく,人がコンピュータから何を学び,コンピュータから得る情報とアドバイスをどれくらい覚えておけるかがますます重要になりつつある。

    ・専門職がレーティングの対象となり,患者や顧客から見下されるケースが増えればますます助言や指導が無視されるだろう。

    ・機械の判断責任をどう問うか

    ・科学の未来はどうなるか。研究者が科学研究で担う役割の専門分化が進む。遠くない将来,賢い機会が自立した優秀な研究者になる(ほんとかなあ)

    ・新しい社会的契約

  • 自動運転について勉強する過程で、AIが進んだ後の労働市場について興味を持ち手に取った。

    「まとめ」
    ・広義のサービス業を除く、すべての産業に人口知能の介入が避けられない中、主に生き残るのは「機械と協働でき」、「機械の能力を補完できる」人材である。本著では特にマーケティングと金融工学が示されている。

    ・結果、超富裕層とそれ以外の層に分けられる。それ以外の層の人は主に富裕層を対象とした広義のサービス業でフリーエージェント的に働くしかない。ここでのフリーエージェントは近年流行しているようなポジティブなイメージというよりむしろ、最低限の賃金しか得られないものである(効用はあげるものの、なくてもいいものであるため)ためベーシックインカムのような制度を導入しないと国として国民の最低限の生活維持が難しくなるのではないか。

    「感想」
    ・チェスの話は印象的だった。機械対人で人が勝てないという事実を読んだ段階で、機械+人対機械をやる必要性を感じなかったが現状、勝つのは機械+人とのこと。AIと聞くとすぐに仕事が取って変わられる印象があるが実際はこのチェスから推測されるように、人+機械の協働の機会があり人間が何をできるか考える余地は感じた。

    ・一方で、機械だけでそれらに勝る知能を身につけた時に、多様性という観点から見た時に世の中はどのようになっていくのかという想像はまだまだ膨らむなとも感じた。

    ・遠い将来的にこうなるとして、そうなる過程で既得権益を誰がどう壊していくのががある意味一番興味を持ったポイントである。

    「学び」
    ・既得権益に守られている今以上に、自らがやりたいことを時代も潮流も踏まえて考える必要性を感じた。
    ・最近ブームのデザイン思考はまさに機械と協働する1つの方法で、さらに勉強したい。MECEではなく人起点で物事を考える思考回路であるが、人の感情は必ずしも1つに言語化、特定できるような簡単なものではない。「言葉にならない」という言葉があるくらいだ。笑
    ここの部分を極めるということで、上述したマーケティングの部分は推されているというのはまさに今、アメリカ大統領選挙を見て感じた。

  • 【「教職員から本学学生に推薦する図書」による紹介】
    風間俊治先生の推薦図書です。

    <推薦理由>
    「今,工学を学んでいる意味は?その将来は?」

    図書館の所蔵状況はこちらから確認できます!
    http://mcatalog.lib.muroran-it.ac.jp/webopac/TW00356093

  • “テクノロジー失業に陥らないために何をなすべきか?
     近年の世界的な富裕層と貧困層の格差拡大の根底には「経済のグローバル化」「テクノロジーの進化による生産性の向上」「停滞した産業と活力のある産業の二極化」という抗うことのできない変化がある。
    本書では、飛躍的な進化を遂げるテクノロジー=機械の知能に注目し、技術革新が未来の雇用・所得・ワークスタイルに与える恐るべき影響を徹底検証する。”
    http://www.nttpub.co.jp/search/books/detail/100002317


    【目次】
    日本語版への序文(二〇一四年七月 タイラー・コーエン) [i-iii]
    目次 [v-ix]

    第1部──超実力社会の到来
    第01章 iワールドの雇用と賃金 004
    平均の終焉/機械の知能は何をもたらしたか/イノベーションはなぜiワールドで起きやすいのか

    第02章 大いなる勝者と大いなる敗者 024
    STEM――注目される四つの分野/マーケティングの重要性/マネジャーの報酬はなぜ高いのか/労働者に求められる素質/グーグル化する雇用世界/知的エリートはなぜ金融・法律・コンサルティングをめざすのか

    第03章 なぜ多くの人が職に就けないのか?  055
    賢い機械と労働参加率/アメリカの失業率が下がらない理由/大不況/宙ぶらりん世代のフリーランスたち

    第2部──機械の知能
    第04章 コンピュータチェスが教えてくれること 080
    ゲーム化する仕事の世界/機械対機械の戦い/機械と人間の協働へ

    第05章 人間と機械がチームを組む未来 092
    フリースタイル・チェス──人間と機械の知の協働/機械の利用はもう当たり前/医療界では何が起きているか/フリースタイル・モデルの広がり

    第06章 人間の直感はなぜ当てにならないのか? 113
    恋人探しのアルゴリズム/意思決定の落とし穴/機械が人間を成長させる/直感的判断の限界

    第07章 規格化・単純化される仕事の世界 134
    規格化され、単純で、いらだたしい世界/機械の行動原理につき合わされる?/人間が機械に「採点」される時代/機械の判断責任をどう問うか

    第08章 機械は人間に近づくのか?  161
    極端な未来用僧都の現実味/チューリングテスト/人間を模倣できる機械/人間は非コンピュータ化する?/人間が機械を受け入れたくない領域

    第3部──新しい世界
    第09章 雇用の新しい地図 196
    経済停滞はなぜ起きるのか/生産拠点の国外流出と移民の受け入れ/世界の経済地図はどう変わるか/新しい「北米の世紀」

    第10章 「オンライン」が教育を変える 215
    「生き延びる」ための教育/オンライン教育と大学の未来/ゲームの教育効果/平等な「超実力主義」の時代へ/対面教育が担う役割とは?/教師の役割が変わる

    第11章 「みんなの科学」の終わり 246
    科学の未来はどうなるか/専門分化が進む/問題が複雑化する/機械が「科学者」になる/経済学は理論退潮の時代へ

    第12章 新しい社会的契約 274
    一五%の超富裕層とその他大勢/財政難は社会をどう変えるか/実質賃金が減る/居住地が変わる/趣味や嗜好が変わる/未来の政治の姿──奇妙に平穏な時代


    謝辞 [310]
    注 [311-330]
    解説──『大停滞』から『大格差』、そして先の未来へ(若田部昌澄) [331-342]
     1 著者タイラー・コーエンについて
     2 大不況後の経済論戦と『大格差』
     3 『大格差』から未来へ
     注
    索引 [344-350]

  • アメリカの話だけど日本にも通じるセオリー。オンライン教育と最終章の富裕層と低所得者層の話しが参考になった。

    1割りの富裕層に入るためには、富裕層に対するサービス提供者(ロボットではできない)になるか、itと協力できるビジネスを生み出す者になるか。

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。通常の配架場所は、3階開架 請求記号:331//C89

  • ITとうまく仕事ができる人間が高給となる、なるほど。

  •  先日、タイラー・コーエン 氏 による「大格差:機械の知能は仕事と所得をどう変えるか」を読み終えました。
     コーエン氏の著作は、以前「大停滞」を読んでいるので、これで2冊目になります。前作に続いて、ちょっと話題になっている本ですね。
     内容としては、テクノロジーの高度化・進化が近未来の雇用環境・労働現場へ及ぼす影響を論じているのですが、結果として、将来に向かっては社会の富の分布に変化をもたらし、社会は、「中流層の縮小・富裕層と貧困層の差の拡大」という方向に進んでいくと著者は指摘しています。

  • この本の半分も理解できていないかもしれないが、コンピューターに雇用を奪われてもマネージメント力は必要とされるとか、コンピューターとの会話が成立しない、神様に祈るコンピューターは現れない、チェスは得意だが、ナビは下手だなどなるほどと思うところが多かった。得意な分野ではないが、こういう本をまた読みたい。最も得意な人ならもっと掘り下げて機会学習とかの本を読むのだろう。比較的文系向けの本だと思う。

  • 機械の発達によって機械と共同作業をする能力に欠ける人間は雇用を奪われ、より低賃金の職にしかありつけなくなる。未来は今以上の格差社会となり、しかし人々はそれを受け入れざるを得ないだろう。
    経済学の想定する個人は能力の格差が所得の大格差として現れることを受け入れるし、低所得でもそれなりにうまく生活できるようテクノロジーの発展がサポートしてくれる。住む場所さえあれば福祉なんて無くてもどうってことない。だって医療が健康に与える影響は10%しかないんだもの。。。
    本書が描くのはそのような光景なのだが、その根拠は時折現れる「私ならそれを選ぶ」という決まり文句以外あまりはっきりとは示されない。多分この本に描かれる未来は科学というよりもむしろ著者のような保守的な経済学者にとってこうあってほしいという希望なのかもしれないと感じた。

  • 読む前は想像もしていなかったけれど、チェスの話がとても多かった。

    では期待はずれかというとそんなことはなく、ケン・リーガンのチェスプログラムを用いた、指し手の質の評価に関する研究が紹介されていて非常に興味深かった。

    チェスプログラム(既に人間よりずっと強い)を信頼性のある基準として、チェスの対局における人間の指し手の質(=人間の意思決定の質)を評価したところ、
    ・プレーヤーの犯すミスの数はレーティング(技術レベル)どおり
    ・チャンピオンクラスはチェスプログラムが好ましいと判断した手と同じ手を選択する確率が高い(といっても絶好調時でも55%程度だそうです…)
    といった知見が得られたとのこと。
    チェスプログラムから見たら(どんなに強いプレーヤーでも)人間なんてミスばかり犯すということですね…。

    記録上の過去の指し手も同様に評価したところ1850年代の世界最高のプレーヤー ポール・モーフィーの実力はレーティングにして2300相当(現代では全米100位にも入れない程度)と推定されたそうです。人類のチェスのスキルは向上していっているんですね。
    また、チェスプログラムが登場し人間がこれを利用して学ぶことによりチェスプレーヤーの実力はさらに向上しているそうだ。コンピュータ様々。

    コンピュータとはうまく付き合って、機械にできることは機械にまかせ、人間は人間にしかできない分野についてのスキルを高めてうまくやっていこう。

  • 流行の格差本だが、富裕層批判で溜飲を下げるタイプではないのに好印象。

    機械を制する者が所得を制すがコンセプト。
    かといってネットの情報強者万歳、ではない。生き残れる労働者とは、人当たりのいい、真面目で、顧客の要望に正確適度に応じられるもの。いや、これは別に今にはじまったことではない。

    ネットの発達によって、安価なオンライン教育が進み、教育格差がなくなるという未来図は嬉しいが。
    不要な引用や脱線が多かったので飛ばし読み。

    巻末に日本の経済学者の解説があるが、日本はほんとうに経済学者が後追い。実際の経済をつくる実業家の方が優秀という気がしてならない。

  • なんだかずっとチェスの話だ。社会問題としての格差の話じゃなくて『機会との競争』(あの日経BPのやたら装丁が凝った黒と銀色の本)の内容に近いだろう。最後の章の都市の生活についてというのが一番おもしろかったかな。チェスの話が多すぎる。

  •  原題は「Average is over」であり、日本語題や副題よりも内容を現わしていると思う。
     コンピューターやITの発達に伴い単純労働は低賃金化し、それらを使いこなすスキルの高い仕事は高賃金化し、その間がなくなっていくという論旨である。
     原著は2013年に、日本語版は2014年に出版されていて古くはなく、十分に現在の状況を正しく解析しており、アメリカだけでなく日本でも成り立つ論旨だと思う。
     高賃金の仕事はどのようなものか、人生を変えられる若い人こそ本書を読んでほしい。2極化のレベル差や進行の度合いは違うかもしれないが、技術の進歩と高年齢化に基づくこの流れの方向性は間違いないからだ。
     ピケティの言う2極化とは異なり、個人の努力で切り開ける将来がこの書には示されているのだ。
     

  • 遠い未来の事はさて置き、比較的直近の未来ではマシンに世界を乗っ取られるのではなく、協業できるものが繁栄すると言う。

  • 産業革命レベルの構造変化が現在進行中であるということ

  • 人間とコンピューターのチームこそ、最強のチームである。 賢い機械を動かす人物は、その課題に関する専門家である必要はないが、技能が一定水準に達しない人物を機械と組ませると、機械単独の場合よりも有効性が落ちる。これからやって来る天才的なマシンの時代では、そういうマシンと働ける人が豊かになる。テクノロジーに牽引される活力のある産業で働き、目をみはるような成功を収める人たちと、それ以外の人たちに社会は大きく二つに分かれることになる。つまり機械によって中産階級の仕事が失われ、 機械を使いこなす人材に富が集中する未来が来る、という「大格差」の時代が訪れる。これを、コンピュータチェスの進化、オンライン教育、医療への活用、恋人探しなど、具体的な事例を交えて説明している
    また、科学は『理解困難』という点で宗教や魔術に近いものになる。現在の科学研究のほとんどは、「人間がコンピューターに指示して、人間を支援させる」という形だが、将来は、「人間がコンピューターにデータを与えて、コンピューターに独自の研究を行わせる」と「人間がコンピューターの研究結果を解釈する」に近づく。賢い機械が、宇宙理論の新しい理論を編み出しても、人間は誰もその理論を理解できず、説明もできない、という状況が現実になるかもしれない。

  • コンピューターチェスの話はしつこい。

  • 日本でも小泉改革で「格差」が問題になり、また最近話題の「21世紀の資本」などでも「格差」に大きな焦点が当てられていますが、この本はそのものずばりのタイトルで、大いに興味を持って読みました。
    この本は、格差問題について現状分析してその処方を示すというものというよりも、むしろ今後訪れる「未来」について書かれたものです。
    現在格差が生じてしまっているのは、現在のコンピュータ・テクノロジーの発達と、それによって今後必要とされる雇用スキルの変化によって生じてしまう必然と達観し、それはこれからも避けられないことだという前提を受け入れて、個人として「勝ち組」になるにはどうすべきか、「負け組」になってしまった人がそれでも幸せに生きられる社会にするにはどうすべきか、について書かれたものと受け止めました。
    コンピュータの今後の発展については、やや見解を異にするところがありましたが、格差をなくして経済的な平等社会を作ろうとするよりも、経済的弱者でも安全・快適に生きられる社会を、テクノロジーの力を借りて作りだすべきではないかという問題提起は、十分考慮の余地がありそうに思います。
    「貧困」は解決しなければならない問題ですが、そのために「金持ちの足を引っ張る」必要が本当にあるのかどうかは、考えてみる必要があるのでしょう。
    いろいろ考えさせられるきっかけになる本でした。

  • ネットワークと教育(シリアスゲームか)のあたりに興味を持ち購入。

    ITとイノベーションを起こすことができる独創性が必要と。
    まだ前半の方しか読んでいないが。

    格差の連鎖はどう捉えるのか注目して読みたいところ。

  • この本の主張は最後のページの次の言葉に凝縮されている。
    「これからやってくるのは、天才的なマシンと一緒に働ける人が豊かになり、社会は大きく二つにわかれることになるーテクノロジーに牽引された活力ある産業で働き、目を見張る成功を収める人たちと、それ以外のすべての人たちに。”平均は終わった”のである。
    先進国では、これまで社会を安定させていた中間層が減って、富める者とそうでない者にわかれてきている。これは日本でも同じことがいえる。
    そんな中でこれから重用される人間は「まじめ、かつ聡明で、勝ちたいという意欲をもった」者であると説く。
    これまではまじめに働いていれば、そこそこの生活ができたが、これからは学び続けることができないと中間層に残ることはできないということである。
    ITCの発達は新たな仕事を作り出しているが、そこで雇用される人間の数は減っている。それが先進国の停滞を招いている。そしてその状況が続いていくと著書は見ている。こうした見方は特段新しいものではないが、少なくとも機械が人間の仕事を奪うのではなく、補完関係によって仕事を進めていく社会になるという点には希望が持てる。

  • 安価な教育サービスが普通になった先に何が起きるか、が興味深い

全23件中 1 - 23件を表示

大格差:機械の知能は仕事と所得をどう変えるかを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

大格差:機械の知能は仕事と所得をどう変えるかを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

大格差:機械の知能は仕事と所得をどう変えるかを本棚に「積読」で登録しているひと

大格差:機械の知能は仕事と所得をどう変えるかの作品紹介

近年の世界的な富裕層と貧困層の格差拡大の根底には「経済のグローバル化」「テクノロジーの進化による生産性の向上」「停滞した産業と活力のある産業の二極化」という抗うことのできない変化がある。
本書では、飛躍的な進化を遂げるテクノロジー=機械の知能に注目し、技術革新が未来の雇用・所得・ワークスタイルに与える恐るべき影響を徹底検証する。

大格差:機械の知能は仕事と所得をどう変えるかはこんな本です

ツイートする