帝国とその限界―アメリカ・東アジア・日本

  • 10人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 白石隆
  • NTT出版 (2004年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757140776

帝国とその限界―アメリカ・東アジア・日本の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アメリカを中心とする世界秩序の変容において、もっと重要な問題は、ラムズフェルド国防長官のいう、知らないことを知らない(未知の未知)の問題である。
    アメリカの圧倒的な軍事力と資本主義の力をもってしても帝国の力には限界がある。
    植民地帝国の中心には国民国家があった。植民地帝国においても帝国は文明の名において正当化された。
    アメリカは9・11を契機として突然、帝国化したのではない。アメリカは1940年代から帝国となった。しかし冷戦の終焉とともに、力と合意の均衡が変わり、アメリカを盟主とする同盟体制の再編が必要となった。

    アメリカ化とグローバル化は違う。グローバル化の基本には、通信革命、金融革命、情報革命がある。これに対し、アメリカ化の基本はアメリカの政治経済システムを基礎づける規範を普遍的なものとして世界に伝えていくというアメリカの使命であり、利益であるという考えがある。

全1件中 1 - 1件を表示

白石隆の作品

帝国とその限界―アメリカ・東アジア・日本を本棚に登録しているひと

帝国とその限界―アメリカ・東アジア・日本を本棚に「読みたい」で登録しているひと

帝国とその限界―アメリカ・東アジア・日本を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

帝国とその限界―アメリカ・東アジア・日本の作品紹介

アメリカの「帝国化」はアジアの地域秩序に如何なる影響を与えるか。日本はどう行動すべきか。屈指の国際政治学者が広い視野から明確な指針を与える知的刺激溢れる一冊。

帝国とその限界―アメリカ・東アジア・日本のオンデマンド (ペーパーバック)

ツイートする