名もない顔もない司法―日本の裁判は変わるのか (NTT出版ライブラリーレゾナント)

  • 23人登録
  • 3.40評価
    • (0)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Daniel H. Foote  溜箭 将之 
  • NTT出版 (2007年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (356ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757141698

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

名もない顔もない司法―日本の裁判は変わるのか (NTT出版ライブラリーレゾナント)の感想・レビュー・書評

  • 裁判の進め方にも裁判官の個性が表れるアメリカと、統一性が何よりも重視される日本。それぞれの司法制度の強みと弱みとは。

    [配架場所]2F展示 [請求記号]327.1/F38 [資料番号]2008100168、2008100866、2008100867

  • [ 内容 ]
    司法制度改革は裁判を変えるのか?
    改革の裏まで知り尽くしたアメリカ人東大教授、待望の書き下ろし第二弾。

    [ 目次 ]
    序章 椅子と靴、そして正義の女神
    第1章 現在の裁判制度ができるまで
    第2章 裁判官をどう選ぶか
    第3章 キャリアシステムと裁判官の独立
    第4章 裁判官による政治活動の制限―寺西事件とサンダース事件
    第5章 近年の日本における司法改革
    第6章 裁判員制度―身近な裁判の実現?

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全2件中 1 - 2件を表示

名もない顔もない司法―日本の裁判は変わるのか (NTT出版ライブラリーレゾナント)の作品紹介

司法制度改革は裁判を変えるのか?改革の裏まで知り尽くしたアメリカ人東大教授、待望の書き下ろし第二弾。

名もない顔もない司法―日本の裁判は変わるのか (NTT出版ライブラリーレゾナント)はこんな本です

ツイートする