和力―日本を象る

  • 89人登録
  • 3.37評価
    • (4)
    • (5)
    • (16)
    • (1)
    • (1)
  • 9レビュー
著者 : 松田行正
  • NTT出版 (2008年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757141735

和力―日本を象るの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • jpn 日本

  • 日本的なデザイン、シンボルのいろいろの由来と背景のうんちく話。

  • まずその質量の軽さに驚く。
    嵩高い割りにとっても軽い。
    単行本を持ち歩くならこの作り方はとってもいいな。

  • 「和風のデザイン」とか、仕事をしていると気軽に使ってしまう言葉なのですが、さて、日本の美的感覚というものは、そもそもどういったところから来ているのでしょうか。この「和力―日本を象る」という本は、「籠」、「余」、「律」、「波」、「縞」、「比」…といった日本文化を象る24の「型」を漢字一文字に集約し、日本の文化、発想力を探ってみようという内容。デザインには、余白、シンメトリー、誇張、黄金比…といったさまざまな日本的技法がありますが、そこに潜むいろいろな視点や、文化的背景、生活様式との深い結びつきを知ることができます。
    四季が豊かで、島国の定住民で、ディテールにとことんこだわる日本人独特の感性を、日本だけでなく海外から見た日本という視点、または海外との比較といったような視点で書かれているのが面白いと思います。
    この本を読むと、「和風のデザイン」と口にしたときのバックグラウンドも、ずっと奥ゆかしいものになるでしょう。

  • グラフィック・デザイナーによる日本的なる意匠についての蘊蓄集。まるで辞典みたい。さすがに建築関係では聞き慣れた話が多かったけれど、全体的に「へーっ」「なるほどー」の連続。特に日本語の成り立ちについての話は面白い。日本という国の奥行きと特異さを知るには格好。図版も多く掲載されていてgood job !!

  • 象徴学が勉強したくなる本。

  • ピンとこない

全9件中 1 - 9件を表示

松田行正の作品

和力―日本を象るを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

和力―日本を象るを本棚に「積読」で登録しているひと

和力―日本を象るのオンデマンド (ペーパーバック)

ツイートする