現代マンガの冒険者たち

  • 77人登録
  • 3.52評価
    • (2)
    • (9)
    • (14)
    • (0)
    • (0)
  • 15レビュー
著者 : 南信長
  • エヌティティ出版 (2008年5月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (401ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757141773

現代マンガの冒険者たちの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 少々曖昧で中身と乖離したタイトル。
    内容はジャンル別に現代マンガ作家の進化や影響の流れ、その系譜をえがくものです。
    大雑把なチャート図も用意されていてとてもわかりやすい。
    大友克洋などの巨大な才能が後進にどれほどの影響を与えたかという話の流れで、実際のコマを抽出掲載しての行き過ぎたパクリ糾弾などはよく実現したなあと感心したのですが、逆ギレ的なお咎めや抗議は無かったのでしょうか。
    マンガ評論家として南信長名義でずいぶん有名になられた方ですが、本名は新保信長氏。かつて西原理恵子『できるかな』の担当編集者であり、作中にもキャラ化され登場していたそうです。
    ご本人は1964年生まれですが、40代以上である程度マンガに触れて育ってきたかたならどの部分もそれなりに「そうそう」と頷け、楽しめると思います。

    「あの作品/作家が載ってないという苦情は一切受け付けません。載っている内容に関する苦情は受け付けます」というような記載があったのですが、これは他の著書にも記載しているそうで、ちょっといただけないなあ、と感じてしまいました。
    そこはどんどん受け付けるべき、むしろ資料補完に資する有難いことだと思うのですが。

    私はそれほど網羅しているほうではないと思うのですが、それでもパッとチャートを見ただけで大雑把すぎるということ以外にも疑問や反論が無数に湧いてきます。
    ひとつだけ挙げれば、上條淳士と多田由美がほぼ無関係になっているのはどう考えてもおかしいでしょう。

    本書からは、著者がとりわけ少年マンガにわくわくして育ったのだなあということがよく伝わってきて素敵なのですが、少女マンガの分野はやはり不得手でいらっしゃることもよく伝わります。
    岡崎京子チルドレンの括り方あたりはなんだかな、という感じ。
    分析は甘く「マンガ好きが『俺の好きなマンガ』を好きなように語った」という認識で読むのが吉かと思います。

    20年以上昔、朝日新聞の元旦の特別版にマンガ特集がありその中で一面まるまるだったか見開きだったかでマンガ作家の樹形図が掲載されていました。膨大な情報量と納得の分析に感動した記憶があるのですが…どこかで読めないものでしょうか。

  • <閲覧スタッフより>
    現代マンガの伝説・大友克洋。その前後、フォロワー、一線を画す孤高の作家など現代マンガの行方を60名以上(!)のマンガ家と多彩な作品とともにわかりやすく紹介しています。

    --------------------------------------
    所在記号:726.101||ミナ
    資料番号:20097864
    --------------------------------------

  • おもしろくないわけではないんだけど、なんかなあ。
    興味がない漫画家のところを読んでも、やっぱり興味は湧かないし、興味がある漫画家のところは、言わずもがなのところが多い。まあ、しかたがないんだけど。

  • 〈現代マンガの歴史の中でキーパーソンとなる作家たちを選び出し、「どこがすごいのか」「マンガ界にどんな影響を与えたのか」を検証しながら、チャート図なども用いて漫画家の系統進化の流れを俯瞰できるようにした、いわば<現代マンガ進化論>のようなもの〉と、序文にはある。目次を見てみると……。

    第1章 ビジュアルの変革者たち
    1.井上雄彦という〈現代のカリスマ〉
    2.大友克洋「以前/以後」
    3.〈ファッションリーダー〉としての江口寿史
    4.鳥山明――〈マニア〉から〈国民的作家〉へ
    5.高野文子が立つ〈孤高の頂〉
    第2章 「Jコミック」の正体
    1.岡崎京子〈刹那と永遠の狭間で〉
    2.よしもとよしともの〈誠実と怠惰〉
    3.望月峯太郎の〈破壊衝動〉
    4.〈本当は泥臭い〉松本大洋
    5.古谷実の〈傲慢と諦観〉
    6.古泉智浩の〈童貞魂〉
    第3章 〈ギャグ〉に生き〈ギャグ〉に死す!
    1.吾妻ひでおの〈深い穴〉
    2.江口寿史と鴨川つばめ〈ポップギャグ〉と〈逃走論〉
    3.とり・みきと唐沢なをきの〈理数系ギャグ〉
    4.いしいひさいち〈4コマの改革者〉
    5.吉田戦車と〈不条理ギャグ〉の時代
    6.西原理恵子と桜玉吉〈虚実の境界線〉
    第4章 〈物語のカ〉を信じて
    1.浦沢直樹の〈密かな企み〉
    2.諸星大二郎と星野之宣の〈奇想〉
    3.〈勝負師〉としての福本伸行
    4.弘兼憲史と本宮ひろ志の〈立身出世伝〉
    5.さそうあきらが奏でる〈五感の協奏曲〉
    第5章 少女は成長して女になる、か!?
    1.くらもちふさこと槇村さとるの〈約束の地〉
    2.吉田まゆみと吉田秋生が描く〈リアル〉
    3.成田美名子と松苗あけみの〈アイデンティティ〉
    4.吉野朔実と耕野裕子がめざす〈美しき荒野〉

     巻末には5pにわたって漫画家名の索引がついている。うん。こんくらい並べられると、「読もうかなぁ」という気になるし。もともと著者が朝日新聞に書いているレビュー原稿が好きだったというのもある。
     序文の通り、章の最初にチャート図を用意して、漫画家をいくつかの系統の中にあてこんだり、2次元マトリクスの分布図をつくって漫画家をその中に配置していたりするところがいちばんの特徴。だと思うんだけど……はっきり言えば、あまりその試みは成功していないんじゃないか。個別の漫画家評、作品論についてはうなずけるところがすごく多いのだけれど、流れやマトリクスのなかに当てはめようとしているところは強引さを感じる。まぁ、でもそう言われるだろうなぁという危うさは、著者もたぶんわかってるんだろうな。それでもあえてやる蛮勇というのも、ありでしょう。むしろ、個別の反論は置いておいて「よくやったよなぁ」と思う。

  • かなりの漫画好きなら、かならず面白いと思える著書。

    マイナー漫画家にもスポットが当てられていたり、また違った視点での作品考察など、この一冊で漫画がより好きになるような本。

    また読みたい。

  • 本書出版後のマンガ、作家にも注目すべきものがたくさん出てきているので、続編あるいは、増補版の出版を期待します。

  • 漫画に対する愛に溢れた1冊。大勢の漫画家を、初心者にも分かりやすく紹介した貴重な解説本です。名前も知らない漫画家が多かったので、とても参考になりました!その中でも、細野不二彦さん、多田由美さん、中野シズカさん、よしもとよしもとさん、望月峯太郎さん、田中圭一さん、松田奈緒子さん…達が気になるので読んでみたい。本文だけでなく脚注のコメントにも注目して、じっくり読むのをおすすめします。
    副タイトルに「大友克洋からオノ・ナツメまで」とありますが、オノ・ナツメさんの記事は2頁だけでした。でも巻末あとがきで事情を知り、2頁も書いてくださったことに感謝。真島ヒロさんの『RAVE』は『ONE PIECE』のパクリとしか思えないですよね…。そして担当編集者のコメントが酷い…。何故アニメ化まで出来たのか全く理解できない。『スラムダンク』『ドラゴンボール』『サラリーマン金太郎』等の例を見ると、漫画家は出版社とのトラブルは日常茶飯事なのかもと考えゾッとした。

  • 非常に面白かった。「漫画の年表」といったところ。創世記の手塚治虫から現代の多くの作家に至るまでの系譜を、漫画という媒体の進化とともに解説していく

    ある一人の希代の漫画かがいたとして、その漫画家の何が新しかったのか、他の漫画家たちにどんな影響を及ぼしたのか、さらにはその作家がどういう道を辿って行ったのかまで書いてあり、非常に興味深かった

  • 地元の図書館で読む。正直、期待はずれです。非常に読みやすい文章です。ただし、中身は物足りないのです。漫画に対する熱さが足りないのです。旅の友としては、悪くないです。

  • この本よりマンガ読めってことです。

全15件中 1 - 10件を表示

南信長の作品

現代マンガの冒険者たちを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

現代マンガの冒険者たちを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

現代マンガの冒険者たちを本棚に「積読」で登録しているひと

現代マンガの冒険者たちの作品紹介

マンガはどのように進化してきたのか?あの作家のどこがすごいのか?マンガをもっと楽しむためのガイドブック。

ツイートする