〈時と場〉の変容―「サイバー都市」は存在するか? (叢書コムニス12)

  • 32人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 若林幹夫
  • エヌティティ出版 (2010年2月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757142404

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ケヴィン リンチ
有効な右矢印 無効な右矢印

〈時と場〉の変容―「サイバー都市」は存在するか? (叢書コムニス12)の感想・レビュー・書評

  • (スエーデンの大学院で学んでいた時分に、学内のポータルにアップしていたものを引っ越しています)

    The concepts presented in the book are not so difficult but the style and rhetoric makes a bit hard to read with a rapid speed (which I did not like)

    The author argues that the technologies have been trying to overcome the inherent barriers of human being who lives “Now and Here”. By separating Now and Here from real living, men could standardize time and space and made them void so that men could be freed from locality and tradition for future development.

    Modern transportation systems in which men can travel from one place to another without really involving the spaces in between, and communication media with which men can skip the distance and stop to exit in the place they are now and connected to another men in similar situation, helped men to be separated from “earth” and “the dead” (who would be the majority as others we get influence from). We no longer need to share Now and Here on the same horizon of earth and time.

    Information and Image produced from the world separated from “earth” and “the dead” become also separated from a certain Space and Time and begin to float about and form a common perspective among people. They are fragmented and have no rich history nor tradition. People are also separated from Space and Time and they get absorb such Information and Image.

    Here men tend to lose a sight of our interactions and relations between men and environment. The ways of men's having relationship are interwoven in Space and Time (we tend to lose) and we need to have Here and Now in a ubiquitous com... 続きを読む

  • 旧約聖書にも述べられているように古代ヘブライズムの神は言葉によって世界を創造した後、自らに似せて人間を作ったというが、言葉とともに世界を創造してゆく創造主としての神こそ、言葉やイメージとともに世界を自らの世界を作り出す人間の似姿に他ならない。人間とは自らが作り出した意味の世界に生きる存在なのだ。
    近現代におけるバーチュアルなものの多くは自然的=超・自然的なものとのつながりも、現存する過去との重なりも絶たれている。

  • 時と場の変容」 で述べられている placeless placeで思ったが、人間もそういった意味ではplaceless placeだと思う。列車は定められた区間を終わりがくるまで繰り返す。自由度がないが故に人は自由に心を遊ばす。何か列車と人間には共通なものを感じる。

    そして人間は物理的にも精神的にもplaceless placeで、それは仏教でいうところの空にも似ている。溜まった水は澱んでしまう。

全3件中 1 - 3件を表示

〈時と場〉の変容―「サイバー都市」は存在するか? (叢書コムニス12)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

〈時と場〉の変容―「サイバー都市」は存在するか? (叢書コムニス12)を本棚に「積読」で登録しているひと

〈時と場〉の変容―「サイバー都市」は存在するか? (叢書コムニス12)の作品紹介

環境はメディアであり、メディアは環境である。人類史的な深度と広がりをもった視点から、メディアと情報化を捉え、その現在のあり方、そこから見えてくる現代社会の特質を、明らかにする。

〈時と場〉の変容―「サイバー都市」は存在するか? (叢書コムニス12)はこんな本です

ツイートする