不思議のフランス菓子

  • 22人登録
  • 3.13評価
    • (0)
    • (1)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 大森由紀子
制作 : 阿部 真由美 
  • NTT出版 (2001年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757150317

不思議のフランス菓子の感想・レビュー・書評

  • 「おいしいお菓子っていったいどんなもの?」

    パリの料理学校で料理・製菓を学び、現在、フランス菓子とお惣菜の教室を主宰する著者が、そんな疑問を抱き、大都市パリで愛される菓子、フランスの素朴な魅力がたくさん詰まった地方の料理や菓子について取材。
    フランスにチーズケーキやショートケーキが無い理由、チョコレートや砂糖の歴史にも触れ、さらに日本でのフランス菓子の扱われ方や当のフランスとの違いも取り上げる。

    本文に添えられた阿部真由美氏のイラストも美味しそう。
    個人的にはカヌレが好きなので、カヌレのエピソードが印象深かった。ボルドーの女子修道院で古くから作られていたお菓子なんですね。
    材料の違いや、菓子作りのコツ、料理の概要などは本文中に出てきますが、レシピ本ではなく、あくまで食文化の考察本なのでご注意ください。
    店舗などの固有名詞がたびたび登場しますが、本書は2001年の刊行のため、現在と少々事情が変わっている可能性もありますのでこちらもご注意ください。

  • 洋菓子の歴史・まつわる話など。エッセイ本。

  • フランスのメジャーな伝統菓子から、ある地方だけに伝わる幻のお菓子まで、フランスのお菓子尽くしです。
    挿絵もかわいくてわくわくします。

  • 最近なぜかケーキやフランス菓子に夢中なので、そういった関係の本が読みたくて。これは伝統的なケーキやフランス菓子について、歴史とかいわれと材料についてなどなど書いてあって興味深い。意外と未知の世界で、奥が深いなーと。フランスの地方への旅や、ちょっともう古くなってしまったけれど(発行が2001年)、新しいパティスリーの話題なども楽しいし、こういう感じの本をもっと読みたいな。本読む人はだれでもそうかもしれないけど、なにかに興味を持つと、本でその世界を知りたくなる。わたしの場合は特に、実践をともなわない?!ので、ケーキが好きになっても自分でつくろうとはしないから、レシピとかではなく、エッセイとか食べ歩き本みたいなのを読みたい。

全4件中 1 - 4件を表示

大森由紀子の作品一覧

大森由紀子の作品ランキング・新刊情報

不思議のフランス菓子はこんな本です

ツイートする