人間は料理をする・上: 火と水

  • 318人登録
  • 4.03評価
    • (11)
    • (12)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 20レビュー
制作 : 野中 香方子 
  • エヌティティ出版 (2014年3月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757160583

人間は料理をする・上: 火と水の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【上巻】火:焼くこと、水:煮ることがテーマである。
    人間と動物の違いとは何か。人間は火をつかって調理をする。アメリカ人の本式のバーベキューは豚を丸焼きにすることである。調理する者と食べる者、南部の人種差別、本物のバーキューのこだわり。炭やガスを使って焼くのは邪道?
    ここで筆者が体験するバーベキューサンドイッチだが、「バーベキュー サンドイッチ」で画像ググってもそれらしいのは殆どでてこないので“bbq sandwich”で見てみる。本を読んでいればある程度想定はしていたが、日本人の美意識とはかけはなれた肉の切れ端がはみでたおどろおどろしいものを目にすることだろう。しかしこの肉の破片の中にも味付けへのこだわりがある。料理というとヨーロッパの食文化、というようなものを期待されては困る。そもそも肉を焼くということは神への捧げ物であり、共に食べるというのはコミュニティの団結へと繋がる行為であった。それが後半の、鍋で煮る料理、同じ鍋の料理を囲むという生活に繋がるのである。(下巻に続く)

    いい本なのだが、翻訳を上下巻買うと5,000円以上もする。原書で読めれば半額以下、キンドルならさらに安く…。

  • 料理を文化人類学的に切る…超好みな本だった。面白かった!!ノースカロライナに二週間出張したのにBBQを食べなかったのは一生の不覚だった。

  • アメリカってすごいなー
    ピーナツバター・ジャムサンドも今では冷凍物が出回っているのね
    電子レンジ・ナイトの結果は興味深い



    出汁のとり方がすさまじい
    干し椎茸はそこでいいんだろうか…

  • 料理しかり、野菜づくりしかり、物理や化学に通ずるものがあるとその面白さにはまりだした今、偶然手に取った一冊。まさに今読むべきタイミングで出会った一冊だ!

  • 火が、食がひとを進化させた
    料理することは文化、そして生きること
    みんなそんなに忙しくしてなんのため?

    ベーコン喰い逃げの豚とおいしいスープの作り方は楽しかった。

  • 肉の描写がたまらない。

  • 何となく気になったから手に取ってみた。

    人間と他の生き物との決定的違いはなにか?
    それは、人間は料理をするということ。
    料理をするようになったことで、なにが変わったのか?
    料理とは?
    料理をするのに必要な、火水土空気について、それぞれ歴史的に、神話的に、科学的に、色々な方向から多面的、多元的に眺めて。

    というか、食べることが好きな人が、火を使って、水を使って、の調理法を極めていく自伝的な(笑)

    ともかく、面白い。

  • 上巻では火と水について書かれている。火の項ではホールピッグ・バーベキュー、つまり豚の丸焼きについてが書かれ、水の項では煮込みや蒸し煮の家庭料理が書かれている。豊富な引用文献、ウィットに富んだ小ネタが良かった。読んでいて食欲が刺激されて、料理したい、と少しだけ思ったが……なかなか自信がなくて難しいかもしれない。料理に伴うアメリカの歴史や現状も簡潔ながらうかがい知れる。

  • 面白かった。
    自分でやろうとは思わない料理ばかりだけど、
    確かに料理する喜びは何物にも代えがたい。
    大したお料理作れないけど
    母の味を受け継いでいるのをふと自覚したり、
    夫がたまに料理を褒めてくれたりすると
    なんともいえない満足感が生まれる。
    そういうことかな。

  • 日経書評、2014-05-04

全20件中 1 - 10件を表示

マイケル・ポーランの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マッシモ リヴィ...
ジャレド・ダイア...
又吉 直樹
最相 葉月
スティーブン・ピ...
筒井 康隆
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

人間は料理をする・上: 火と水に関連するまとめ

人間は料理をする・上: 火と水を本棚に「読みたい」で登録しているひと

人間は料理をする・上: 火と水を本棚に「積読」で登録しているひと

人間は料理をする・上: 火と水の作品紹介

料理は人類最大の発明である。人類は料理のおかげで高度な文明を築けた。しかし今、加工食品を買い、料理をしない人が増えている。これは人類に重大な影響をもたらすのではないか?
この問題を考えるため、フードジャーナリストである著者が、料理修業に旅立つ。愉快な料理修業を通じた多くの気づき、ユニークな料理人たちとの出会い、そして深い教養に裏打ちされた文明論が満載。料理という世界の奥深さを知ることができる(巻末にレシピも掲載)。

ツイートする