妹島和世論:マキシマル・アーキテクチャーI (建築・都市レビュー叢書)

  • 16人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 服部一晃
  • エヌティティ出版 (2017年3月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757160705

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
石榑 督和
トマ・ピケティ
スティーヴン ワ...
有効な右矢印 無効な右矢印

妹島和世論:マキシマル・アーキテクチャーI (建築・都市レビュー叢書)の感想・レビュー・書評

全1件中 1 - 1件を表示

妹島和世論:マキシマル・アーキテクチャーI (建築・都市レビュー叢書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

妹島和世論:マキシマル・アーキテクチャーI (建築・都市レビュー叢書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

妹島和世論:マキシマル・アーキテクチャーI (建築・都市レビュー叢書)を本棚に「積読」で登録しているひと

妹島和世論:マキシマル・アーキテクチャーI (建築・都市レビュー叢書)の作品紹介

建築のモダニズム、ポストモダニズムの流れを、突如「切断」してに現れた妹島和世(せじま・かずよ)。その発想の根底には「世界」と「私」の「亀裂」を丸ごと飲み込む姿勢があった。80年代生まれの気鋭が放つ新しい建築史の冒険。

ツイートする