デビルサマナー ソウルハッカーズ―Nightmare of the Butterfly (ファミ通文庫)

  • 14人登録
  • 3.60評価
    • (1)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 葛西伸哉
制作 : 金子 一馬 
  • アスキー (1999年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757204072

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

デビルサマナー ソウルハッカーズ―Nightmare of the Butterfly (ファミ通文庫)の感想・レビュー・書評

  • 本編を端折りつつ、ヒトミ視点に物語が展開。
    結末へ至る過程が少し違っていて、ヒトミとカドクラがタイマン張っていたりする。
    ネミッサと主人公が惹かれ合っている様に感じられる描写有り。

全1件中 1 - 1件を表示

デビルサマナー ソウルハッカーズ―Nightmare of the Butterfly (ファミ通文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

デビルサマナー ソウルハッカーズ―Nightmare of the Butterfly (ファミ通文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

デビルサマナー ソウルハッカーズ―Nightmare of the Butterfly (ファミ通文庫)の作品紹介

「次世代情報モデル都市構想」の裏に隠された巨大な陰謀。異変に気づいたのは、多感で好奇心旺盛な少年少女たちだった。"スプーキーズ"というハッカー集団のメンバーである主人公ケージと仲間たちは、事件の渦の中へと巻き込まれ、その魂を揺さぶられていく。確かに思えた"仲間"という絆さえ脆く、自分という存在も曖昧なものになりかけた時-。彼らの悲痛な心の叫びが奔流となり、街を蝕む強大な悪に向かっていく。

デビルサマナー ソウルハッカーズ―Nightmare of the Butterfly (ファミ通文庫)はこんな本です

ツイートする