ラス・ヴェガスをブッつぶせ!

  • 77人登録
  • 3.42評価
    • (0)
    • (8)
    • (11)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
制作 : 真崎 義博 
  • アスペクト (2003年12月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757210035

ラス・ヴェガスをブッつぶせ!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ☆☆☆★

  • 期待ハズレだった。

    ポーカーのテクニックよりも人間関係に重点がおかれている印象。

  • ブラックジャックには勝率をあげる方法があり、カード・カウンティングと呼ばれる方法もその一つだ。ここで紹介されているものはMITの学生たちのグループが用いていたもので出たカードごとに2-6を+1、フェイスカードを-1として現在のポイント(10以上だとプレイヤーに有利)を算出するというもの。現在では、カジノでは客の顔をモニタリングしており、また、いかさま師対策専門の会社などもあるため、あちこちのブラックジャックテーブルを荒らすとすぐに指名手配になってしまうらしい。主人公らも全国で出入り禁止になっている。

  • いつか見たいと思っていた同名映画の原作ということで読書。

    ・あらすじ
    MITの数学の天才たちが見つけたブラックジャックの必勝法。
    MITの学生チームとカジノの攻防戦を描いたノンフィクション。

    カジノで唯一理論的に勝利することが可能なブラックジャック。スリル溢れる展開というよりは理論と実践が描かれています。ちょっと期待が大きかっただけに、この淡々とした内容は残念。でも、映画だと面白そうかなぁと感じました。

  • ほとんどのギャンブルがいつやっても同じ確率で勝ち負けが決まっているが、ブラックジャックのみ進行にしたがって確率統計によって勝率が計算できる。

  • MITの学生が組織ぐるみでラスベガスで大金を稼ぐ話。天才的な知能を駆使した挑戦。なかなかおもしろい話です。

全7件中 1 - 7件を表示

ベン・メズリックの作品

ラス・ヴェガスをブッつぶせ!を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ラス・ヴェガスをブッつぶせ!の作品紹介

ボストンでMITの優等生として暮らしていたケヴィン・ルイス。しかし彼はラス・ヴェガスのネオンの中にもうひとつの顔をもっていた。ケヴィンはその天才的な数学の頭脳を生かし、MITの仲間たちとブラックジャックで数百万ドルを荒稼ぎしていたのだ-全米発売当初、NYタイムズ、ウォールストリート・ジャーナル、Amazon.comほかのベストセラー・リストを総なめにし、英サンデー・テレグラフにも連載された第一級のエンターテインメント・ノンフィクション。

ツイートする