CEO 最高経営責任者

  • 74人登録
  • 3.71評価
    • (9)
    • (6)
    • (10)
    • (2)
    • (1)
  • 8レビュー
  • アスペクト (2005年9月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (418ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757211803

CEO 最高経営責任者の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ・キルツがこだわったのは、ジレットの社内の意見を聞かされる前に、業界や金融界からどう見られているのかを知ることだった。「内部資料を読む前に、社外からいったいどう評価されているのか、ありとあらゆるヒントを知ろうと努めた」とキルツは話す。

    ・私が何よりもしなければならないのは、20億ドルの赤字を止めることだった。そのための唯一の方法は、原因を突き止めることだ。対策を見つけるには、状況説明を聞くしかないとおもった。だから私は座って聞いた。みんながてんでんばらばらの方向に走り出したらコントロールできない。どこに向かうべきか考え、各自の役割と責任を知っておかねばならない。
    …というわけで、シャハトは最初の二週間、延々幹部50人と面談する。一人に一時間をかけた。
    「全員に同じ質問を一つだけした。『私がいま知っておくべきことは何か』という質問だ。それからずっと黙って聞いた。ときどき話の続きを促す以外はね。
    知りたかったこと、知るべきことがどれほど近くに転がっているか、始めてみるまでは分からなかった。二週間後には私はたくさんのことを知った。聞き役に徹したおかげで、なぜ改革ができないのか、理由がよくわかったのだ。あのノンストップ面談をやらなかったら、会社を救えるという確信は持てなかっただろう。」

    ・ルイス・ガースナーはIBMのCEOになる前、文化は企業を構成する一要素に過ぎず、成功への貢献度も他の要因とたいして変わらないと考えていた。だがIBMを「踊らない巨象」から「踊る巨象」に変貌させる10年間を経て、彼の考えは変わった。
    「組織文化は単なる一つの構成要素では無い。文化こそがすべてだ」とガースナーは語る。「どんな組織も、煎じ詰めれば社員の価値創造能力の集合にほかならない。ビジョン、戦略、マーケティング、財務管理といったもの、つまり経営システムは、短期間であれば企業の方向性を定めて導くことができる。だが企業であれ、あるいは政府、教育機関、病院などどんな組織であれ、これらの要素がDNAに根ざしていない限り、長期にわたって成功することはできない」。

  • 新たにCEO就任が決定した際にどう準備し、どう組織の中に入り変革し成果を出すかを記した本。
    CEOがどのような視点を持っているかは学べなかったが、企業変革者となった時にどう変革をしていくとよいのかについて学べた。特に最初の100日で何をすべきかを書いている。現状分析からチーム編成、コミュニケーションの方法、戦略立案とCEOに必要なことが一通り書かれている。これらの項目を実践していくためには、それぞれについてより詳細な本などで学んでいけばいいと思う。また新任リーダーが陥りやすい8つの罠が書かれているので、それにも気を付けたい。

  • 【凄腕経営者の経験談を掲載した一冊】
    CEOに着任した際に、直面するであろう課題を8つのステップに分け、これまでの凄腕経営者がなにをしてきたのかを書いている。それらのステップは下記の通り。

    1)カウントダウン(正式就任前から準備する)
    2)着任(期待と現実のギャップを埋める)
    3)チーム作り(1人ではなにも出来ない)
    4)戦略アジェンダ(計画を立てるのではなく課題を絞り込む)
    5)文化の重み(企業文化に働きかける)
    6)上司という権力者(上司と建設的な関係を築く)
    7)コミュニケーション(戦略実行の決め手はコミュニケーションなり)
    8)誘惑の罠(新任リーダーが陥りやすい罠を避ける)

    正直、これ大企業のCEOにならないとあまり意味をなさない一冊。というか、きっと読んでも読んだ気になって実践など出来ない。CEOの気持ちがわからないと、この本を読んでも意味ないし、ベンチャー企業の社長である自分が読んでも、「ふーん」っていう程度にしかならない。

    きっと規模が100人とか大きくなってきた時に、これまでの凄腕経営者たちがなにに悩み、どのように乗り越えてきたのかを学ぶことが出来るのではなかろうか。

  • 事前準備と着任後最初の300日の重要性(質問とコミュニケーション)を説く。昇進が決まったらor来るべき日を期待して読みたい本。

  • 組織を率いるための心構えなど参考になること多かった。

  • ここにレビューを記入してください

  • あの、別にいきなり社長になるぞぉ!とかいう訳ではありません。

    トップに就いたら「最初の100日」がいかに重要であるかについて、具体的事例、当事者のコメントの紹介によって説明されています。
    同じ厚さでも、学術的に書かれたもののような、繰り返し繰り返しの冗長さがなくって、好感を持って読むことができました。

    自分自身がどうのって訳でなくても、新しい上司がやってきた時のサポート時の心構えとかにも参考になるかも知れません。

    プライベートのとある場面においても「最初の100日」って重要なのかな?

  • 100日の概念。社長になる前に読みました。そのまま使えるノウハウありまよ。

全8件中 1 - 8件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ルイス・V・ガー...
デール カーネギ...
ウォルター・アイ...
ジャック・ウェル...
有効な右矢印 無効な右矢印

CEO 最高経営責任者を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

CEO 最高経営責任者を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

CEO 最高経営責任者はこんな本です

ツイートする