東大生はなぜ「一応、東大です」と言うのか?

  • 43人登録
  • 2.76評価
    • (0)
    • (0)
    • (14)
    • (2)
    • (1)
  • 10レビュー
著者 : 新保信長
  • アスペクト (2006年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757212879

東大生はなぜ「一応、東大です」と言うのか?の感想・レビュー・書評

  • ちょうど疑問に思っていたことがタイトルそのまま。
    特別新しい発見はなし。

  • 東大での勉強、学内での教育の話は、ほとんど無い。
    東京の私大や京大との比較が行なわれている。

    インタビューが多いところが、魅力。
    ただ、東大応援部に、取材を断られた件は・・・疑問符がつきました。

  • うん、大学名言うの抵抗ありますよ。
    東大みたいに有名なのも大変かもしれないけど、
    うちの大学みたいに知名度低いと早慶とかの私大に対してコンプレックス持っちゃう。
    大学名言っても「へー、それってどこにあるの?」と聞かれる虚しさ...

    本全体としては相変わらずいろいろと小ネタをはさんだり、自由に書いてるなーと。
    とくにツボにはまったのが、「鈴木亜久里をアク抜きして昆布ダシで煮たようなルックスは、そこそこモテそうにも見える」って!好き勝手言い過ぎでしょ!!
    まぁとにかく楽しいですね。

    大学に対してプライドもコンプレックスも持ち合わせてる私にしては、なかなか興味深い内容でした。

  • ようはどんな集団にもいピンからキリまでの人がいるんだなあと
    改めて実感させられた本ですね

  • 著者も東大卒。

  • <読んだ日>
    081218

    <概要>
    「東大」という言葉に対して世間がどのような印象を持っているか、および東大生自身がそのような世間の印象に対してどう感じているかについて書いたもの。

    <感想>
    特にデータ類が豊富なわけではなく、「なんとなくこうなんじゃないの?」的な論調になってるので説得力はない。ただ「あるある!」と思う部分も多くてちょっと面白い。

    <ちょっと面白かった仮説>
    「東大生(という枕詞)」=「美人○○(という枕詞)」

    <行き先>
    amazon

  • うん、分かる。

  • なにか褒められることがあったとき(稀)、「某我出身短大をでればこんなことは誰だってできますよ」と言いたくなる私。

全10件中 1 - 10件を表示

東大生はなぜ「一応、東大です」と言うのか?を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

東大生はなぜ「一応、東大です」と言うのか?を本棚に「積読」で登録しているひと

東大生はなぜ「一応、東大です」と言うのか?の作品紹介

「一応、東大です」というセリフには、どんな心理が込められているのか?本書では、そんな「東大」にまつわる数々のナゾに迫ってみたい。あなたが東大に対してどんな意識を持っているかはわからない。けれど、本書を手に取った以上、「東大」というキーワードに反応したことは事実。これは、まさにそんなあなたのための本なのです。

東大生はなぜ「一応、東大です」と言うのか?はこんな本です

東大生はなぜ「一応、東大です」と言うのか?のオンデマンド (ペーパーバック)

ツイートする