アメリカの高校生が読んでいる経済の教科書

  • 516人登録
  • 3.20評価
    • (10)
    • (40)
    • (100)
    • (18)
    • (4)
  • 73レビュー
  • アスペクト (2008年3月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757214767

アメリカの高校生が読んでいる経済の教科書の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 経済と聞くと、とても難しく感じる人もいるかもしれない。

    アメリカではいくつかの州では、個人のお金について、
    高校生から学ぶことができるシステムになっている。

    この本は、
    家計、企業、金融、政府、貿易の経済学について
    わかりやすく書かれている。

    なぜ、インフレ、デフレが起こるのか?

    名目GDP、実質GDPの違いは何か?

    など、簡単な算数の計算式てわかりやすく
    説明されている。

    その説明はこちら↓↓
    http://goo.gl/OOQB0Y

  • 本当にアメリカの高校の教科書がこういう実践的なものなのかどうかは分からないが。
    日本の「政治経済」の教科書とは明らかに異なる。
    経済というのは社会活動の根幹をなすものの一つだと思うのだが、日本では興味を持たれないどころか、基本知識に欠けた社会人が多いのもこのあたりが原因になっているのか。
    大学生に読ませるとちょうど良かったりするかも。

  • 勉強になる教科書的な内容

  • 巷には色々な経済学関連の書籍が溢れていますが、高校生向け(アメリカのですが)に書かれているものですので、判り易いです。経済学というより一般常識的な内容ですが。

  • 72のプリンシパル 年利7.2% 72割る7.2=10年で2倍
    アメリカ クレジットカードによる負債→NCEEが賢い消費者にするために教育
    There are no such thing as a free lunch.

  • かなり勉強になりました。経営学部出身ですが、その時に学んだことを思い出しつつも、パーソナルファイナンスなど、人生には誰しも必要な感覚だけどこれまで学校では一切得られなかった知識も得られて目から鱗、本当に勉強になりましたね。アメリカではこんなことを高校生の時から本当に学べるとしたら実用的な教育がかなり進んでいるんだと思います。うらやましいです。このシリーズは他にも読んでみたいと思います。

  • 分かりやすい

  • 簿記でも取ろうと思って本シリーズの「会計」を読んで、大変分り易い構成に感銘(大袈裟)を受けてシリーズの頭のこれも読んでみようと思った次第。

    結論としては、まぁ分り易いけど取り立てて言うほどではないかな、という感じ。
    しつこいくらいに同じ用語の解説が出てくるスタイルは同じだが、「会計」の方の一貫してひとつの例を使用して説明していくということは無いので、普通の入門書の域は出ていないと感じた。
    まぁ私が経済に関しては他の入門書を読んだことがあるから、という可能性もある。

  • 内容やレベルは日本の高校生が読んでいるものと同じ。
    初歩的で分かりやすかった。

全73件中 1 - 10件を表示

山岡道男の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
デール カーネギ...
J・モーティマー...
ジェームス W....
フィリップ・マグ...
有効な右矢印 無効な右矢印

アメリカの高校生が読んでいる経済の教科書を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アメリカの高校生が読んでいる経済の教科書を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アメリカの高校生が読んでいる経済の教科書のKindle版

アメリカの高校生が読んでいる経済の教科書の文庫

ツイートする