志ん朝と上方

  • 23人登録
  • 3.57評価
    • (2)
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 岡本和明
  • アスペクト (2008年3月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757214804

志ん朝と上方の感想・レビュー・書評

  • 古今亭志ん朝の人柄が知りたくて購入しましたが、志ん朝についての記述は少ないです。また、後半の40ページほどは志ん朝の主な出演記録となっています。
    古今亭志ん朝の話が読みたいと思っている人にはあまりお勧めしません。

  • へぇー 志ん朝さんてこんなに関西に来られてたんだ。関西人にこんなに愛されてたんだ。私もその気があれば、志ん朝さんの生の高座を聴くことが出来たのに、悲しいかなその当時、その気がなかった・・・桂春団治、笑福亭仁鶴、露の五郎兵衛、内海英華各師匠が、落語に対する姿勢、舞台の様子、打ち上げの裏話などなど、思い出話をたっぷり聞かせてくれる。本当に志ん朝と言う人は・・・・「残念だな。手遅れだな・・・」←志ん生演じる泣き塩に出てくる、路上の侍風。

全2件中 1 - 2件を表示

志ん朝と上方はこんな本です

志ん朝と上方のオンデマンド (ペーパーバック)

ツイートする