夢もゆとりもあきらめない わたし時間のつくり方

  • 307人登録
  • 3.45評価
    • (15)
    • (43)
    • (63)
    • (9)
    • (2)
  • 54レビュー
著者 : 金子由紀子
  • アスペクト (2008年6月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757215153

夢もゆとりもあきらめない わたし時間のつくり方の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 著者は一流の人達が提唱する時間術は、「短い時間にたくさんのことを成し遂げて生産力を上げライバルに勝つ」という成功のための方法論だから、フツーの凡人のための時間術は別だという。

    フツーの人達は、「何かに追われているようなセカセカした気持ちをなくす」ことを求めているので、"成功のための時間術"が、しっくりしないのも当然だという。

    私自身のことを考えてみる。
    おそらく、端から見るとバタバタ小走りして忙しなく早口だしで、まさにフツーの時間術がピッタリ。

    「時間がない」とか「忙しい」というフレーズは、人の振りみてウンザリしていたので、いつからか使わなくなったけど、いつも汗汗している状況から脱け出したいものだ。

    方法論を一部ピックアップしてみると、

    ◎やるべきことを減らす方法
    1. 人に頼る
    2. お金に頼る
    3. やらずに済ます

    ◎「できないこと」を見きわめ「やるべきこと」にエネルギーを!

    ある程度は、諦めが必要なのでしょう。
    あれもやりたいこれもやりたいと、多趣味という贅沢な日々を送りたいけど、そうもいかずで、有限な時間の中で出来る事、自分の向き不向きに気づく時期なのか。

  • スキルアップや社会での成功を目標とした、ハイレベルな時間術ではなく、イライラしたりばたばたせずに日常を過ごし、いまより豊かな生活を楽しめるようになることを目指す時間術です。

    持ち物を減らして、物を管理する時間も減らすことでゆとりを作る。
    片付けをすることで広い空間を作り、落ち着かない気分や集中力をそぐことを防ぐ。等々、片付け論にも繋がっていくのですが、そもそもの目標が「日々の生活を楽しむ余裕を持つ」というものなので、必然的に家の中の環境、片付けというのも重要になってくるのでしょう。

    印象的だったのは、「忙しがらない」という部分。
    忙しがらない、のんびりかまえるメンタルを持つことも大切だなと思いました。

  • 時間に対する考え方が参考になった。

    「モノが少ないと、時間が増える」
    これ本当にそうだと思う。

  • (図書館から借りた本)
    金子由紀子さんの本を連続して読んでいるせいか、少し抽象的に感じてしまいました。
    『クローゼットの引き算』『コンパクト台所術』が場所を限定し、具体的に書かれていて比較してしまう弊害だと思います。
    最初に読むと良かったな。

  • 2013年12月26日読了。

  • 仕事や家事育児等の1日のタイムスケジュール活用についてではなく、ゆとりをもった時間を人生に活かしていくためについての作者の持論が書かれている本。

    時間の有効活用方法を習得できることを期待していたが、少し論点が違っていた。
    ※二週間前に読んだ本のため、具体的な評価ができない。

  • セカセカしないで、フツーにゆったりていねいに生きる。
    偶然見つけたのだけど、まさに私の求めてたものでした*

  • 達人みたいな時間術じゃなくて、フツーの私がセカセカせずに暮らすには?
    忙しいと言わない。暇だよって言うと周りが声掛けやすくなる。いい仕事が舞い込んでくる。
    身の回りのモノを減らす。片付けたりメンテナンスの手間が省ける。
    自分の墓碑銘を決める。死ぬときにどんな人間でありたいか?
    他人に時間を吸いとられない。
    余命六ヶ月で死ぬと仮定する。今やってること、今やらないといけないと思ってることは、本当に自分のやりたいことにつながっているか?つながってないのなら、それは私の人生において何の意味もない。六ヶ月後に死ぬとしたら、それ、もうやらないでしょう?

  • 基本的に有意義に感じる内容は少なく、うーんという感じだった。タイプ別診断で「本来なら達人の時間術に向いているタイプ」と出たので、確かに、と思った。他の時間術本の方がしっくり来た。ただ「何かをしながら何かをしない」「モノがないほど時間は増える」「忙しいと言わない効用」や「5分10分30分でできること」「きちんと暮らすためのアイデアリスト」「日々の暮らしに自然を取り入れよう」など、即日実践したい項もあり、読んでよかったなと思った。

  • しばらく前に読んだ時は共感したんだけど
    今は 部分的に共感できたりできなかったりしている
    達人の時間管理は難しすぎるから凡人は凡人なりので考えようってことだけど 結局はこういうの読んで 自分で考えるしかないという至極あたりまえのことに気づいたかなと思う

全54件中 1 - 10件を表示

金子由紀子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
やました ひでこ
レオ・バボータ
有効な右矢印 無効な右矢印

夢もゆとりもあきらめない わたし時間のつくり方を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

夢もゆとりもあきらめない わたし時間のつくり方を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夢もゆとりもあきらめない わたし時間のつくり方を本棚に「積読」で登録しているひと

夢もゆとりもあきらめない わたし時間のつくり方はこんな本です

ツイートする