人はなぜSEXをするのか?―進化のための遺伝子の最新研究

  • 116人登録
  • 3.43評価
    • (3)
    • (7)
    • (10)
    • (3)
    • (0)
  • 10レビュー
制作 : Sharon Moalem  実川 元子 
  • アスペクト (2010年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757217393

人はなぜSEXをするのか?―進化のための遺伝子の最新研究の感想・レビュー・書評

  • 読んだことを内緒にしようか悩んだのだが、学術的にも興味深かったので…

    有性生殖と単性生殖、そもそもあらゆるコストのかかる有性生殖が何故スタンダードになったかと言えばそれは親世代の遺伝子的エラー(病気など)を子世代に持ち越さないためである。母体がエイズでも子への感染は4分の1に抑えられる。

    異性に対し魅力を感じるのも遺伝子レベルのことであり、男性がスタイルの良い女性に惹かれるのはそういった女性は統計的に妊娠率が高いことを無意識に察知しているからだそうだ。逆に女性は男性の匂いに敏感で、好ましい匂い(一般的には臭いとされる匂いであっても)と彼女が感じる相手は彼女とは別の免疫タイプを持つ男性であり、その組み合わせは次世代である子の免疫力を高め、より生き残りやすい体質へとつながる生殖パートナーを遺伝子が選定する。

    では生殖が繁殖に繋がらない同性愛をどう説明するかと疑問がわくが、同性愛はヒトだけでなく他の生物においても一定数存在する。ヒトに最も近いとされる猿の仲間ボノボでは、同性異性問わない乱交が目撃される。これは群れに無駄な争いを起こさないよう、交尾が精神安定剤的な役割を持っているらしい。

    性感染症については、例えば梅毒やエイズ、クラミジア等は初期には目立った症状は出ない。長い潜伏期間でより多くのパートナーへ感染させることでウイルスとして繁殖を遂げるためだ。性感染症の中には寄生主の性欲を高めて、より自らの繁殖を容易にするものもある。ヒト以外の動物、ヒヒなどは自然界にあるブラックプラムを食べることで潜在的避妊を行い、その個体数を適正に保つことに役立てている。と言うことから推測するに同性愛などジェンダーの問題を抱えるヒトが一定数生まれるのには、人類全体を適正数に保つための遺伝子の企みなのかもしれない。

    遺伝子はヒトの生殖に快楽を与え、繁殖をコントロールしようとした。しかし、近年恋愛に意欲的でない若者が増えてきた。性欲は手軽に発散できるようになり、恋愛の煩わしさや結婚における責任、また離婚率の高さなどから一人でいることの気楽さを選ぶヒトが増えたのだ。iPSやクローン技術など科学の発展、卵子提供や精子バンク、卵子凍結などはまだ一般的ではないがこれが一般的になればヒトは(厳密には違うが)単性生殖が可能になる。恋愛や結婚に夢を見出せないヒトたちはその先駆けなのかもしれない。

    余談だが、一卵性の双子の片方が同性愛者である場合、もう一人もそうである可能性は50%…ジェンダーの問題の大半は母体の中にいる間のホルモンが左右することなので、我が子がマイノリティに生まれてしまった際両親が育て方についてあれこれ悔やむのは無駄なようだ。

  • 鏡の国のアリス
    赤の女王の前で行われている競争に加わって走るアリスが
    ぐるぐる回るばかりでどこにも行きつかないではないかというと
    赤の女王が「同じ場所にとどまるためにできることは、必死にはしりつづけるだけだ」と説明する。
    つまり、バクテリアも植物も捕食者も被食者も、生きているものはすべて進化するために継続的に改善していかなければならない。
    競争に負けないで種が繁栄していくためには、常に大々的に進化し続けることが必要なのだ、ということだ。
    進化が停滞した種は、取り残される。有性生殖は種に、各世代での進化の実験ができるチャンスを与えたー進化の実験は同じ場所にとどまるために必要なのだ。

  • 今まで何冊か読んだ性関係の本では最もよくまとまって
    いたのではないかと思う。それは「オルガスムの科学」
    「赤の女王」「人の性はなぜ奇妙に進化したのか」と、
    今まで読んだうち3冊が引用紹介されていたことにも
    現れていると思う。

    ただその分掘り下げが足りないと感じたのも事実だな。
    そのジャンルの1冊目として読むのには悪くないかも
    知れない。

  • 学術的な真面目な本で、わたしには少し難しかった。けど、ちゃんと読めば面白いと思います。

    家族をつくるためにオルガズムはある。
    恋をするとオルガズムは深くなり、達する回数も多くなる。
    女性のオルガズムは、パートナーとの間によりしっかりした絆を深める。それが愛につながっていく。

    ここが自分的には大事なポイントかな…。

  • ヒトの性を1から10まで徹底的に探る、というコンセプト。
    様々な研究や文献が紹介されており、参考書としても重宝する。

    女性の身体、男性の身体、恋愛におちるメカニズム、セックスのこと、
    男\女の区分け、同性愛、性病、避妊など多岐に渡る分野について最新の研究がレビューされる。
    様々な研究がレビューされるなか、明らかになっているのはどこまでか、
    異論や反論も併せて紹介されているので、議論が偏らないように目配せしている(ように見える)。

    人によって違うだろうが、その常識が誤った知識(もしくは更新されたか)ではないか常に確かめていきたい。本書も言うように、
    「よりよい性生活を送る為の魔法の処方箋は、一言『理解』」だ。

  • これまで読んだ生物学系の本の中では間違いなく一番の面白さ!
    なぜ、子孫を残せない同性愛が生物界から消えないのか?人によって体臭が異なる意味は?ペニスは骨折する!?などなど目次を見たら読まずにはいられない項目ばかり。超オススメです!

  •  有性生殖の最大のメリットの一つは、子供に転写される親の遺伝子の形質のなかから、性的、生物学的に将来不幸をもたらしかねないものを消すことによって子孫を守る、という点がある。無性生殖は基本的にそっくり同じクローンが殖えていくため、親がその生涯で取りつかれた寄生生物などによる負の形質もふくめて、すべて子孫に受け継がれてしまう。遺伝的な組み直しができる有性生殖のメリットは、セックスというサイコロを振るごとに遺伝子をかきまぜて、次世代が新たに進化した形質を獲得するチャンスが生まれ、現存の、または新たに出現するウイルスやバクテリアに対抗できる免疫システムを獲得する可能性がある。本書は、それ以外にさまざまな疑問に解剖学的観点、また社会環境学的観点から答えている

  • ヴァタシの求める答えがなかった…

    あとがきには、未来を待ち受けるのは繁栄なのか?哀退なのか?

    それの考える手がかりを与えてくれる・・・とか書いてあったけど

    いやいや、これじゃあ分からないw

    うーん。永遠のテーマw

    繁殖し続ける理由。その手がかりは掴めなかった…

    中学で言う保健体育の延長線上。

    どちらかと言えば、人の生体の話しが強い印象。

    SEXに対する考えとかを改めて考えるいい機会だったの

    かもしれない。ここが一番良かった事なのかな?と思いました。

    恋も愛も無意識化で、

    生殖
    (※ここが一番気になる点。なぜ?生殖?繁栄を促す社会的構造、人体的構造も然り?)

    目的でパートナーを選ぶ傾向があると言った事を

    事細かく書いていいたり、遺伝的な兼ね合い、臭いで直感的に

    パートナーを見極めていたり、フェロモン的な、もちろん無意識。。。見た目的な所から良く生殖できそうな見た目を選んでいる傾向という科学的な根拠。
    ※あくまで前提だとは思いますが…(その他要素も多分に含むって事)

    仮説が結構出ていて、こういう説もあってこういう説もある

    結局どっちなの?という??マークが頭の中で浮かんだのが、ちらほらあったのは事実です。

    そこらへんが曖昧で、この書物で結局何を訴えたかったか?

    よくわかりませんでした。

    SEXの大事さ?をPRした書物なんでしょうか?

    生体学とかも興味あるのですが

    まだまだ、自分もまわりも謎だらけなのね?という事を

    良く実感しました。もうちょっと突っ込んで色々学びたいな

    と改めて思いました。経験値不足。

  • 読んだ。まあまあ面白い。

全10件中 1 - 10件を表示

人はなぜSEXをするのか?―進化のための遺伝子の最新研究を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

人はなぜSEXをするのか?―進化のための遺伝子の最新研究を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人はなぜSEXをするのか?―進化のための遺伝子の最新研究を本棚に「積読」で登録しているひと

人はなぜSEXをするのか?―進化のための遺伝子の最新研究の作品紹介

モテル男とモテナイ男のちがいはどこにあるか?女性には「セックスしたい!」という気分のときと、「子どもが欲しい!」という気分のときがあるのはなぜだろう?なぜ世の中にはバレて地獄を見るとわかっているのに浮気してしまう人がいるのか?ふだん私たちが感じている素朴な疑問に対して、世界中の研究者たちが真剣に取り組んで実験や調査をしてきた性の謎を解き明かす。

人はなぜSEXをするのか?―進化のための遺伝子の最新研究はこんな本です

ツイートする