噺家と歩く「江戸・東京」 こだわり落語散歩ガイド

  • 25人登録
  • 3.40評価
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 長井好弘
  • アスペクト (2010年2月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757217546

噺家と歩く「江戸・東京」 こだわり落語散歩ガイドの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 図書館で借りる。地図を見ながらゆっくり読もうと思ったけど結局ざっくりで終わる。

  • 当たり前かもしれないが、江戸の人たちはよく歩く。以前、何かで歩くことが、哲学、思想、宗教といった人間の思考、思想、発想に深くかかわっていることを京都の哲学の小路、講堂の廊下を読経周回する修行、千日**(比叡山を千日歩く巣行)を例として読んだことがある。
    たぶん、江戸の人たちは歩くことで無意識に土地の持つ意味や位置関係を理解できていたのではないか→「江戸・都市の中の異界」参照。
    そういった意味で落語の舞台を現代人が散歩することは何か土地に埋没しているそういった意識を掘り出す、探し出す作業と言えるのではないか。

  • 各所で落語講座の講師も務められている讀賣新聞の長井氏の著書。落語と江戸・東京の舞台がマッチして落語に実感が伴い、面白く読めた。噺家との散歩というのがたいへん粋で良い。5大居酒屋にも行ってみたいものだ。

  • 古典落語に登場する町を歩く企画。
    読み終えてみれば、新作落語「結石移動症」の舞台・池袋を喬太郎さんと歩く章がいちばん面白かった...

  • 今をときめく落語家たちが、噺の舞台となった場所を訪ね歩く。と言っても時代は若くても明治、おもかげを残すところは少ないだろう。五街道雲助が「明烏」の舞台浅草界隈。古今亭志ん輔が「品川心中」の舞台品川界隈柳亭市場が「転宅」の舞台人形町界隈柳家喬太郎が「結石移動症」の池袋界隈柳家三三が「文七元結」の隅田川界隈春風亭一之輔が「茶の湯」の根岸界隈 をそれぞれ案内してくれる。跡地に大きなビルが建っていたり、通りを車が行きかったり、とても昔を偲べそうにもないけれど、ふいとはずれた小路や、昔から変わらぬ川の流れを見ながらつかの間、当時にタイムスリップしてみたい。お気に入りの演者の噺をBGMに。

  • ううーん。特に内容は見出せない、かも。
    脚注が本文の下に入ってるのだけど、どっちも目に入ってきちゃうから
    読みにくかった。
    章の最後にまとめて記載が、やっぱり落ち着いて読めるかも。

全7件中 1 - 7件を表示

長井好弘の作品

噺家と歩く「江戸・東京」 こだわり落語散歩ガイドを本棚に登録しているひと

噺家と歩く「江戸・東京」 こだわり落語散歩ガイドを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

噺家と歩く「江戸・東京」 こだわり落語散歩ガイドを本棚に「積読」で登録しているひと

噺家と歩く「江戸・東京」 こだわり落語散歩ガイドの作品紹介

当世人気落語家と"十八番の噺"の舞台を歩いてみた。

噺家と歩く「江戸・東京」 こだわり落語散歩ガイドはこんな本です

噺家と歩く「江戸・東京」 こだわり落語散歩ガイドのオンデマンド (ペーパーバック)

ツイートする