乗りたい!知りたい!新幹線(文庫) (アスペクト文庫)

  • 17人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 恵知仁
  • アスペクト (2011年7月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757219540

乗りたい!知りたい!新幹線(文庫) (アスペクト文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 全国を網羅しつつある、日本が誇る新幹線のすべてが1冊に詰まっている。東海道新幹線と長野新幹線と山陽新幹線にしか乗ったことがないので、各地の新幹線にまつわるトリビアが面白かった。
    そもそも、新幹線はどこを走っていても同じようなものだと思っていた。実際は車体も違うし、地形に合わせて取り入れられている工夫や技術が全く違う。東海道新幹線は雪に弱いのに、豪雪地帯を行く上越新幹線が雪でダイヤが乱れないのはなぜか?食堂車が廃止になったのはなぜか?300キロで走らせるより、それを安全に止まらせるほうが難しいこと、どうしてガタンゴトンといわず、どうして揺れないのか、トンネルの工夫や地震対策など。ただ速くて便利なだけではなく、国のプライドをかけたプロジェクトなのだ。
    かなりマニアックではあるが、この本を読むと全路線乗ってみたくなる。

  • 「最初にハッキリさせておきます。新幹線は、良いものです。」

    冒頭のこの一文がすべてを物語っています。筆者の「新幹線が好きな気持ち」があふれ、読んでいる最中ずっとイイ気分でした。

    僕は幸運にも2011年2月26日の九州新幹線試乗会に当選して以来、新幹線と鉄道に人生の一部を囚われてしまいました。
    あれから1年半とちょっと(読後当時)が過ぎましたが、新幹線への憧憬はますますつのるばかりです。
    最初は試乗したという親近感から。やがて形状に魅せられて、今や機能、歴史、在来線、鉄道員など彼の周辺も含めてすべてが知りたくなっています。ようするに恋をした(笑)

    この本は敬愛すべき鉄道ファンの諸先輩方にはおそらく常識で物足りない内容かもしれない。でも僕みたいなのにはピッタリです。1959年の新幹線建設開始から2011年九州新幹線全線開業までがこの一冊に凝縮されています。
    新幹線は「0系」とか「500系」とか「N700系」という記号で呼ばれますが、この意味がやっと明確にわかりました。ほかにも各新幹線の特徴のほか、安全対策、開発秘話、路線、駅名などなど、ちょうど気になりかけていた新幹線への疑問がズバリ回答されてます。
    しかも単に説明というワケではなく経緯や歴史を踏まえて書かれています。なぜそうなったのか、ならないといけなかったのか。ドラマとしても面白いんだ。

    もう新幹線を冷静に見ることはできません。僕はいまや君の栄光だけでなく、苦労や苦悩の道のりも知ってしまったから。ああ、君の姿を見かける度に胸がじんと熱くなる。(←気持ち悪い)

    出会うべき本と出会うべきときに出会えるとは、なんと幸運なことやのう。

全2件中 1 - 2件を表示

恵知仁の作品

乗りたい!知りたい!新幹線(文庫) (アスペクト文庫)を本棚に登録しているひと

乗りたい!知りたい!新幹線(文庫) (アスペクト文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

乗りたい!知りたい!新幹線(文庫) (アスペクト文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする