村上春樹ハイブ・リット

  • 224人登録
  • 3.49評価
    • (6)
    • (10)
    • (26)
    • (1)
    • (0)
  • 16レビュー
  • アルク (2008年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757414921

村上春樹ハイブ・リットの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • どの話も面白いと思うけど、「レイニー河で」が一番好きです。

  • ティム・オブライエンの朗読が聴けるのは面白い。英語学習用としては物足りないかもしれないが、割り切って楽しめば類書が乏しいこともあって貴重さが際立つ。

  • 買ったけど

  • 英語の勉強にと購入。物語自体が面白く、飽きずに最後まで読めました。

  • ティム・オブライエンの小説がとても良かった。作者自身がそれを朗読するCDもついててすごい。
    図書館で借りて読んだんだけど、買っても良いかな。

  • 衝動買いだけどお気に入り

  • 左が英文で右が和文
    CDも付いてて何通りにも使える
    高校二年生の夏休みに向いている

  • ほぉほぉ、こう訳すのですね、村上さん!と勉強になります。
    非常に、自分の英語の解釈が貧困だと思い知らされます。深く情緒豊かに読めるのは、その人の感性なんだと感じます。

  • 短編小説の、英語と日本語翻訳を乗せてくれている本。朗読CD付き。英語の勉強でもしようという試み。

    この本を読んで一番感じたのは、ゆっくりと読むことは結構大事だということ。『ささやかだけれど、役に立つこと』と『レーダーホーゼン』は読んだことがあったけど、今回の方が断然心に響いた。
    やはり原文で読むと違うぜ!と得意になりたいところだけれど違う。そもそも村上春樹さんのは元は日本語やし。英語だから一文一文しっかりと意味を考えながら読んだのが良かったんだと思う。特にカーヴァーさんは無駄を削ぎ落とした文体が特徴の人だから、一文一文がとても大切になっていたように思う。肩が少し縮こまっていたり、蛍光灯の明かりだったりがとても不吉に見える感じは最初に読んだときはほとんど見落としてしまっていたと思う。英語用に買ったけど、違う意味でためになった。

    個別の感想
    『レイニー河で』
    ベトナム戦争に徴兵された主人公。その戦争に意義も正義も感じられない主人公は逃亡を計画するが…ていうかんじの話。

    主人公は大学を優秀な成績で卒業。ベトナム戦争に関してもある程度明確な意見を持ち(穏健な反対派)、軽い政治活動みたいなこともやっていた。
    いざとなれば自分には何だって出来るし、正義のためなら戦争に行って死ぬこともいとわない勇気を持っていると思っていた。ただ、今回の戦争は正しいとは思えなかったし、だから反対の立場を取っているだけだと。そこに徴兵通知が届く。

    良心に従うならば、兵役から逃げるのが正しい。この戦争は命をかけるほどに正しいものではないから。でもそれが出来ない。
    どうしてかっていうと、逃げた後の地元での悪評だったり、今の生活を捨てていくことが怖いから。平凡な人生が失われてしまうのが怖いから。
    それは正しいことのはずなのに、彼は逃げることも出来なかった。自分ではやるときはやる男だと思っていたのに。
    追いつめられて彼は泣き出してしまう。でも、それも号泣ではなくて、ただの嗚咽だった。
    「私は卑怯者だった。私は戦争に行ったのだ。」というのが結びの言葉。

    主人公の考えの善し悪しとかはよくわからないけど、 とてもフェアに自分と向き合っていたと思う。 ジーンときた。

    『ささやかだけれど、役に立つこと』
    男の子が誕生日に車にはねられた。男の子の父親と母親、誕生ケーキの予約をしていたベーカリーショップの無愛想な店員の話。
    カーヴァーさんの別の小説『大聖堂』について村上さんが「立派な人物が一人も出てこない、とても立派な小説」て言ってた気がするけど、それを思い出した。
    立派といえるほどの態度で事態に向き合った人はいないし、やったことも人並みはずれたものではないと思う。たぶん。
    でもそれで、冗談みたいに悪い方向に向かっていた事態に、救いみたいなものが感じられる様になった。状況は好転しないし、今後の見通しがついたっていうわけでもないのにしっかりと話が完結する感じがあった。不思議だ。

    『レーダーホーゼン』
    レーダーホーゼンが原因で離婚した夫婦と娘の話。奇妙な話だし、合理的な理由なんてないんだけど、読み終えるとなぜか納得できるような気がするのが不思議。

  • 村上春樹の短編翻訳集、朗読CDもついている<br /><br />レイニー河で ティム・オブライエン <br />ささやかだけれど、役に立つこと レイモンド・カーヴァー<br />レーダーホーゼン 村上春樹<br /><br />原文と訳があわせて載っているので、<br />どんな原文で、どう訳したのかを見ることができる、これが大きい<br /><br />というわけでいろんな角度から翻訳を楽しめる<br /><br /><br />そしてまえがきが村上春樹のエッセイとして面白い<br />走ることについて語るときに僕が語ること 村上春樹も面白かった<br />エッセイ、か<br /><br /><br />----------------------------------------------------------------------------------<br />彼から学んだもっとも大事なものは、小説を書くということに対する姿勢のよさだったと思う。<br /><br />そして読者の心を本当に惹きつけるのは、文章のうまさでもなく、筋の面白さでもなく、そのようなたたずまいなのだ。<br /><br />村上春樹 まえがき<br /><br /><br /><br />確かならざる大義のために、確かな血が流されていた。<br />Cirtain blood was being shed for uncirtain reasens.<br /><br />レイニー河で ティム・オブライエン p14<br /><br /><br /><br />時折私は自分の体の中に恐怖が雑草のようにはびこっていくのを感じた。<br />I sometimes felt the fear spreading inside me like weeds.<br /><br />レイニー河で ティム・オブライエン p24<br /><br /><br /><br />逃げるんだ、と私は思った。そして思い返した。いや、そんなことは不可能だと。そしてその一秒後にまた私は思うのだった。逃げるんだ、と。<br />Run, I'd think. Then I'd think, Impossible. Then a second later I'd think, <i>Run</i>.<br /><br />レイニー河で ティム・オブライエン p24<br /><br /><br /><br />私は自分の胸の中で何かががばりっと折れて開いてしまったのを感じた。<br />I felt something break open in my chest.<br /><br />レイニー河で ティム・オブライエン p28<br /><br /><br /><br />その日そのドアを開けた男は、私の生涯のヒーローである。<br />The man who opened the door that day is the hero of my life.<br /><br />レイニー河で ティム・オブライエン p32<br /><br /><br /><br />私が何にもましてよく覚えているのは、その男の、激しいと言ってもいいくらいの、実にきっぱりとした沈黙なのだ。<br />What I remember more than anything is the man's willfull, almost ferocious silence.<br /><br />レイニー河で ティム・オブライエン p36<br /><br /><br /><br />その男にはちゃんとわかっていたのだ。<br />The man knew.<br /><br />レイニー河で ティム・オブライエン p48<br /><br /><br /><br />私は卑怯者だった。<br />I was a coward.<br /><br />レイニー河で ティム・オブライエン p66<br /><br /><br /><br />それほど幸運とはいえない恋に落ちたり、落ちなかったりしていた。<br />falling regularly in and out of unlucky love.<br /><br />レーダーホーゼン 村上春樹 p154<br /><br /><br /><br />この世界はとびっきり不確かな場所でありまして、信用を築き上げるのには時間がかかりますが、それを壊すのはわずかな間です。<br />Ve make no exception. Ziss world is very uncirtain vorld. Trust is difficult sink to earn but easy sink to lose.<br /><br />レーダーホーゼン 村上春樹 p170

全16件中 1 - 10件を表示

村上春樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

村上春樹ハイブ・リットの作品紹介

ティム・オブライエン、レイモンド・カーヴァー、そして村上春樹の名短篇に、英語+翻訳+朗読で触れる。

ツイートする